道路工事中につきご協力を

北海道 札幌 土木 建設 道路工事 工事中 無料 イラスト ダウンロード 安全 創意工夫 総合評価 イメージアップ 自己研さん 

カテゴリ: 創意工夫事例共有

先週末に「富良野に納品に行った話」を書きましたが、その道すがら何やら人が集まっているイベントを見つけ、寄り道しました。

地元の建設会社が主催している「地域防災イベント」でして、土砂埋没車両救出訓練煙道通過体験などの防災訓練が行われていました。

この建設会社は「ユニーク・コンストラクション(UNiCON)を掲げて建設DXに積極的に取り組み、ICT活用も数年前からすべて内製化できている会社で、DXの実証フィールドも持っています。
市民防災体験会
今回の防災イベントもDXの実証フィールドで行われたのですが、地元の小中学生や4つの高校が見学に来る盛況ぶりでした。

万一、災害が発生した時は、地元建設会社が即時に復旧作業に入るわけで、地域の人々の理解や協力体制を事前に構築しておくことは良いことですよね。

さらに、スターリンクを備えたキャンピングカーベースの車両にドローンを搭載し、その場で即座に3次元計測データを取得でき、その車両から「MC建機に遠隔操縦」できるシステムの公開もありました。(写真は車両からではなく、室内からの遠隔操縦体験です)

二次被害の懸念がある土砂災害が発生しても計画から対応まで「その場で即座に」できることで地域の人達の命や財産を守ることができるわけです。

でも、一番驚いたのは、いつのまにか「ドローンサッカー場」を作っていたことでしたけれどね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

商品プロデュースをさせてもらっているユニトライクさんが、北海道の建設会社さんに「現場の情報発信」用の大型デジタルサイネージを納品することになりました。

一人で設置は大変らしく、私も「紹介」した手前、2時間かかる富良野まで行き、納品と設置をお手伝いしてきました。(当然、交通費も日当も無く、飲み代だけですが・・笑)

富良野で電線共同溝を行う工事現場なのですが、富良野と言えば「北の国から」ですよね。
富良野
現場も観光客が集まる場所の近くと聞き、「情報発信のコツ」として「現場広報」のイメージを作成して、一緒に納品しました。

「北の国から」のセリフをオマージュしたもので、私自身も「良い出来」と思ったのですが、あまり反応が良くありません・・。

ドラマの存在は知っていても「セリフ」までは知らなかったようで、ピンとこなかったようです。(40年以上前のドラマだから若い人は知らないかぁ〜)

もう1ネタ用意していたのですが、何が面白いのか説明しなければならないわけで・・。
掘ってる
とりあえず、観光で来られる方の中にはきっと理解してくれる人がいるので、
ウマくバズってくれると、電線共同溝の役割が勝手に拡散されるわけで・・。

現場広報の参考にしてくれると良いと思うわけで。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

現場で昼休みに「昼寝」をする人は多いと思います。

私は中途半端に寝ると「機嫌が悪くなる」ようで(笑)現場の円滑化のために「昼寝」はしませんでした。
(現場所長が機嫌悪いと仕事がはかどりませんからね・・笑)

さて、工期は何度末まであるものの、人手の関係で1日でも早く完了させたいと「追い込み」をかけている建設現場があります。

年末年始は休んだものの現場全体に「疲労感」が漂っているとのことです。

疲労を自覚できるというのはカラダが「休め」というサインを出しているのだと思います。

素直に「休みましょう!」と言いたいのですが、諸事情が許してくれそうにないようです(汗)

疲労回復方法は様々ありますが、やっぱり「睡眠」が一番効くようです。

スペインには「シエスタ」という昼寝文化があり、シエスタをすることで生産性を向上させているようです。

ならば、昼休みを5分で良いので早めて「昼寝時間」を増やしてみませんか?

さらに休憩所などにクッションなどを用意し「寝やすい環境」を作ると良いと思います。

そして、当現場は「シエスタ導入で生産性を上げてます」などとアピールすると良いでしょう(笑)

ただ、あまり昼寝をしすぎると私のように「機嫌が悪くなる」ので、昼寝は15分から20分程度にすると良いらしいですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

多くの建設現場で「社会貢献活動」を行っていると思いますが、本当に「地域社会に効果のある貢献活動」となっているか「疑問」を感じる活動も見かけます。

そこで、私の目が届きやすい地元のクライアントさん限定なのですが、今までとは別の視点となる新しいカタチの「社会貢献活動」を提案させてもらいました。

今回2社に提案してみたところ、どちらも「即答」「実施したい」との返答をいただき、トントン拍子で話が進んでいます。

私は「アイデア提案」しただけですから、あとは各社で「楽しく」かつ「多くに恩恵のある」活動を行ってくれるでしょう。

・・と「満足」していたところ、別のクライアントさんから「自分たちが行った社会貢献活動について一般新聞紙から取材を受けた」と報告をいただきました。

正直、この会社の「社会貢献活動」の内容は「平均より少し良い程度」なのですが(おいっ!)、企画や実行を「楽しんで行って」います。

当然、効果が高いわけで、その成果が内外に認められ「一般新聞社」が取材しに来てくれたのでしょう。

私は常に「仕事を楽しむ遊び心」を持つことを現場に伝えているのですが、また「成功実例」が増えました(ニヤリ)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

建設業界の今後は、仕事での疲労や心理的負荷などに配慮し、労働者の心身の健康を保つことが、さらに厳しく求められます。

現場における事故だけではなく、心身の健康への取り組みに対して「安全配慮義務を果たしていない」という評価され「ペナルティ」を受けることになるでしょう。

快適な職場環境の構築を早急に行う必要に迫られていますが、現状に満足されている方が多いのか、自主的に取り組んでいるか疑問を感じる現場もあります。

例えば「ストレスや疲労の予防」などは、積極的に配慮すべき事項だと思うのですが、対策を考えることがストレスになっているという話も聞きますね(汗)

さて、最近の私は「諸事情」で重たいものが持てません(汗)

すると自分のために「重筋作業」の負担をどのように軽減するか必死に考えますね。

また「同じ姿勢」で仕事をするのがツラいですから「不良姿勢作業」について良い方法を考えることになります。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

安全教育の「マンネリ化」に悩まれている人も多いらしく、マンネリ打開の相談を数多く寄せられています。


ちなみに私は「何か無いですか?」という抽象的な質問は受け付けていません。


それは「売るモノがある人」に対しての言葉ですからね〜。


具体的に「安全朝礼のKY活動をこのように行っているが、さらに安全意識を高める方法はないか」などと現状や目的を明確にしていただけると良いですね。


ちなみに「この現場」のKY活動は、朝礼参加者が持ち回りで安全当番となり、当日作業の「危険ポイント」を発表する形式とのこと。


しかし、同じような工程が続くため「危険ポイント」ワンパターンとなっているのが悩みとのことです。


このように「具体的」に教えていただけると「より良い方法」一緒に見つけ出すことができますよね。


まず・・。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

各現場とは言いませんが、会社に1台は「プロジェクター」「大型ディスプレイ」などを用意してほしいとお願いしています。
(安全教育などのマンネリ防止になりますよ)

今ならエプソンのお得祭りなどを利用して購入するのも良いでしょう。
(私はエプソンの回し者ではありませんよ・・笑)

最近はホワイトボードとして利用できるタッチディスプレイなどを導入している建設会社も増え、工程会議などに活用しているようです。

日本ヒューレット・パッカードさんが販売していた「ポケットホワイトボード」も便利だと思うのですが、販売終了しているようですね。
hp
日本ヒューレット・パッカードさんと言えば、HP DesignJet T830 MFPというA0プラス対応大判複合機を使って工事評点を上げるという話題があります。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前回の訪問は「雪」、今回も「雪」・・。

雨男ではありませんが「雪男」の可能性がありますね。
(関東地方の皆さん、全て私の責任です、ご迷惑をおかけいたしました・・笑)

電車の遅れを考え、早めに「訪問先の工事現場」に向かったのですが、混乱も無く、早めに目的地の駅に到着しました。

ベチャベチャの雪で足元が悪いのですが、駅から現場に向かうと歩道がキレイに除雪されています。

なんと、工事現場の人たちが朝5時から出勤して「除雪」していたとのこと。
(午前2時から準備していた人もいたとのこと)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

私は名刺の肩書に「コンストラクションイノペーター」と書いています。

これは、「建設業において新しい価値を創造する人」を目指しているからで、今のところ「日本に一人」しかいないと思っています。

もう一人、建設関連で日本に一人の肩書を持つのが「建設ITジャーナリスト」家入龍太さんですね。

最新の建設ITともいえるBIMやCIMという三次元化分野において、世界的視野で活動されています。

まぁ、「目指したい」という私と「実績を持つ家入さん」では全く違う訳で、並べて書くことすらおこがましいです。
(私のブログなので許してください・・・汗)

さて、以前当ブログで「電線地中化の複合現実」という投稿を書いたことがあります。
http://nikumaru.livedoor.biz/archives/52030944.html

バーチャルリアリティ技術のひとつであるAR(拡張現実)は、端末を必要とし作成するにも費用が掛かるため、現実空間に仮想空間を入れるMR(複合現実)アイデアで安価に作成したという内容でした。

まぁ、文章にするとカッコイイですが、内容はチープなものです(笑)

しかし、その私たちの取り組みを

ナ、ナ、ナ、ナント、

家入さんが、取り上げてくださいました!

ちなみに「ナ、ナ、ナ、ナント、」は家入さん得意の表現方法です(笑)

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

以前、「土木」を応援するアイドルを作りたい・・などという話を書いたことがあるのですが、進行中だったプロジェクトをお披露目します。

「土木現場のイメージアップを応援するモデルさん」を商品化いたしました!

まずは、lily&marry'sに所属する「田中彩貴さん」「熱中症の啓発」「AEDの告知」などをしていただきました。(クリックで拡大)
熱中症aed
このほかにも、たくさんコンテンツを用意しております。

最終的には、啓発用品だけではなく、センサー音声案内機「声」や工事広報などのデジタルサイネージコンテンツなど「現場全体」をモデルさんでトータルコーディネートしたいと考えています(笑)

要望により、ヘルメットや作業服も「変更可能」ですので、興味のある方は「ユニークさん」にお問い合わせください。
http://unique-office.com/

さて、カワイイモデルさん「土木系女子」も良いのですが、最近は土木工事現場に「イケメン」が多くなったと思いませんか。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ