昨年の京都での勉強会では、建設会社以外は懇親会(夜の部)の中でプレゼンしてもらったのですが、ちょっと「過酷」だったため(笑)、今年は「午前」にプレゼンしてもらいました。

気象に関するサポートを行うシスメットさんニシオレントオールさんに新製品などの解説をしていただきましたが、目的は営業ではなく「新たなニーズ」を得てもらうことです。

でも、シスメットさんには「特別割引」を社長に無理やり了承してもらいました(脅し?・・笑)

また、営業はしていても「プレゼンするのは初めて」とのことでしたが、2名とも説得力あるプレゼンをしてくれて、とても良かったですよ。(ツカミもウケてました)
勉強会2
次はホストをしてくれた愛知の建設会社のプレゼンですが、創意工夫や地域貢献などは、中途半端にやるよりは徹底的にやった方が結果的に費用対効果が高いことを若手が教えてくれたと思います。

次は中途入社した人が、転職して「良い環境で働けている」ことが伝わるプレゼンでしたが、県内でトップを目指す目標を全員が共有できているから「良い環境」が構築でき、目標達成できていることが分かったと思います。

次も中途入社した2名がプレゼンしましたが、屋外の37℃という気温を忘れるほどの「寒さ」を感じる内容でした(笑)

どちらも技術的な話や原価管理の話だけではなく、中途採用で人材が集まる理由や中途入社でも目標共有が早く、会社が「うまくいく理由」を参加者は感じてくれたと思います。