時間に空きがあれば、見聞やネタ集め(ブログ用のネタではないよ)のため、読者さんなど私にアプローチしてくれた方の仕事場を訪問することがあります。

いろいろな現場や業務、会社の空気など感じることで、新鮮な気持ちにもなりますからね。

会社ではなく「個人」を対象に訪問するため、役職や会社規模も関係ないですし、会社名すら知らないまま訪問することもあります(笑)

たまに、地場で一番大きな建設会社の社長さんだったりすることもあり、行ってから恐縮することもありますね。

さて、ある工事現場を訪問し、仕事の状況や会社の動向、個人的な悩みなど聞いたり、私からも各地区の情勢や今後の予測、工事評価点向上や人材の雇用や成長などの話していると、あっという間に半日経ってしまいました(汗)

半日近くいると、当然、電話も何度も鳴りますし、来客も多く来ます。

その全てが「人の手配」でして、とにかく仕事がたくさんあって「人がいない」そうです。

今後さらに「受注」が見込める案件もあるそうで、隣県などにも声をかけているそうですが、協力会社を含めてスケジュールがビッチリ埋まっているとのことでした。

話を盗み聞きしていると、自分たちの都合を優先するのではなく、協力会社が有益になることを第一に考える面倒見の良さが伝わり、信頼も高いことがわかります。
(だから仕事が多いわけですし、人も集まりやすいのですよね)