昨年度の工事評価点の会社平均点が、前年度と比較して下がってきたため、原因究明を任されたという人から「ご相談」を受けました。

通常、そのレベルの相談は「有料」になると思いますが、私は「無料」で相談に乗ります(爆)

メールだけでの聞き取りは、情報が少く的確な回答ができないわけで、報酬はいただけません。

ちなみに、その人が原因として考えていることは「ICTは当たり前になった」「全てにおいてワンパターン化している」などでした。

確かに「ICTの活用」は、点数のためではなく「効率化のため」であり、特別なことを行わない限りは、評価点とは切り離して考える方が良いでしょう。
(i-Construction2.0になりましたからね)

また「工事書類のスリム化」や工事検査における「書類限定」などの変化があり、今までとは「全く違う」対応が必要となります。

評価する発注者側が変化しているのですから、受注者側も変化しなくてはなりませんよね。

ワンパターン化は、会社全体なのか、現場担当者各個人ごとなのかに寄りますが、個人の資質に左右されるようであれば改善が必要です。

会社の支援体制を再構築する必要があるわけですが、そもそも会社全体がワンパターン化しているようで「改善点」がたくさん上がることになりました。
(有料でも良いレベルになってしまった・・笑)