私は、ホワイトボードに週間工程を書き、それを眺めることでタスクを考えるなどプロジェクト管理をしていました。

ず〜っと長い時間ホワイトボードを眺めているだけの私を見て、サボっていると思った人もいるかもしれませんね(笑)

今は、スケジュール管理をアプリで行っていますが、同じようにモニターを見ながらタスクなどを関連付けて考えています。

アプリを使用することで、入力や削除が簡単になりましたが、一方で削除したものの記憶も無くなりやすいです。

あるイベントがあり、その近くの建設会社に「行くついでに顔を出します」と連絡していたのですが、そのイベントが中止になりました。

そのまま、予定を削除して「別の予定」を入れたのですが、削除するときに関連付けしていた「ついで」一緒に削除してしまい、訪問することを忘れてしまいました。

相手先は私の訪問を楽しみに待っていたようで、とても申し訳ないです。

全て私のスケジュール管理の甘さが原因です。

あまり恐縮されないように「ついでに」と表現したのですが、関連付けやメモなどではなく、しっかりと独立した予定にしておくと良かったと反省しています。