新規に受注した現場を視察した帰り、同行してくれた人たちと和食店でランチをしました。

人数が多かったため、簡単な仕切りのある3つの個室に分かれたのですが、私のテーブルは入社3年目以下の若手5名に座ってもらいました。

実は「狙い」があって、会話や行動を観察して、性格やスキル、適性なども把握して、ミスマッチを防いだり、働きやすい環境のグランドデザインもできるわけです。

例えば、メニュー選びも「優柔不断」であるとか「こだわり」があるなど個性がわかりますよね。

さて、天ぷらと蕎麦のセットなど、ほぼ「無難なメニュー」に落ち着き、オーダーしようとしたところ「上司達の個室」からオーダー内容が聞こえてきました。

「ウナギひつまぶしのお膳を4人分と、うな重のセットが」・・・これを聞いた途端、全員がメニューを「ウナギ」に即座に変更、私にも「ウナギで良いですよね!」とおススメしてきました(笑)

今までメニュー選びに時間がかかっていたのですが、全員がチームワークを発揮し、ウナギに即決したのは「とてもかわいい」です。

上司達と差をつけるために「じゃあ、デザートにアイスも注文しちゃおう!」と提案すると大喜びで、若手の和気あいあいとした雰囲気も伝わりました。

もちろん、結束を高める人、雰囲気を作る人、盛り上げる人、和ませる人など「個性」も分かりましたから、これから「もっと楽しいこと」ができる気がしますね。
(最近の若い子はわからないという人は、客観視できる私と若手にウナギを食べさせましょう・・笑)