2025年4月13日から大阪の夢洲で大阪・関西万博が開催される予定ですが、正直なところ、北海道に住む私は「あまり関心が無い」感じです。

ただ「建設が間に合うのか」とか「建設費が高騰」などと建設がキーワードとなってくると関心が無いとは言えませんよね。

そこで万博会場の建設現場を「現場パトロール」させてもらいました。

結論から言うと「建設が間に合うか、建設費が高騰」という課題に対しては「守秘義務」があるため言えません(おいっ!)

個人的には「ガンダム館」の工事看板の「センスの良さ」などお伝えしたいのですが、守秘義務に抵触するかもしれないので写真を含めて書けません・・。

ただ、ニュースなどで上空から「リング」の建設状況を見た程度の知識しかない私でも「静けさの森」や各パビリオンなど「会場のイメージ」は伝わりました。

税金の無駄遣いなどという否定的な意見もあると思いますが、一番悪いのは私のように「関心が無い」ことですよね。

今の私は、完成した「大阪・関西万博を見に行きたい!」という気持ちで一杯で、近い将来多くの人が同じことを感じてくれると確信しますし、それが「いろいろな答え」になるかもしれません。