告知・CM

2020年06月03日

最近の報道とGミスト

10年以上前、工事現場のトイレやヘルメット・長靴などの除菌消臭できる「次亜塩素酸水」に着目し、紹介しました。
(当時のブログhttp://nikumaru.livedoor.biz/archives/51536897.html

当時は次亜塩素ナトリウム水を次亜塩素酸水として紹介していました。(私が誤解していた点も多いです)

その後、次亜塩素ナトリウム水の安全性の疑問から、高純度で長期保存できる次亜塩素酸水を作る製法(帯電フィルター濾過法)特許を取得したのが「Gミスト」という私がおススメしている商品です。
(開発当時のブログhttp://nikumaru.livedoor.biz/archives/52124682.html

さて、一部で「次亜塩素酸水は新型コロナウイルスへの有効性が確認されていない」と報道されました。

製品評価技術基盤機構(NITE)が試験した途中経過を誤解した報道ですが、試験された次亜塩素酸水は電気分解法で生成したもののため「Gミスト」が含まれていません。

引き続き評価を進める中で「帯電フィルター濾過法」で作成した次亜塩素酸水も検証してほしいと思いますね。

ちなみにGミストを含めて電気分解法で生成した次亜塩素酸水は安全性が高いのですが、安全性が不明な「次亜塩素酸ナトリウム混合液」次亜塩素酸水として販売されているのをよく見かけます。

通常の電気分解法で作成した次亜塩素酸水は長期保存できないのも特徴で、生成方法が明確では無かったり、Gミスト(OEM製品含)以外で長期保存できる次亜塩素酸水は「次亜塩素酸ナトリウム混合液」の可能性が高く安全性が不明です。

空間除菌については、WHOが「消毒剤を人体に噴霧することは推奨されない」としたため「有害」と感じられている方も多いと思いますが、塩素系薬剤やホルムアルデヒドなど特定の化学物質を指しているものと思います。

Gミストについて安全は担保できていると思いますが、、正直、空間除菌の効果はわかりません(笑)

我が家も使用していますが「気分的」に守られているという精神的効果はあるかな。

一応、この記事は「個人の見解」なので、メーカーさんの公式見解はコチラ


solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)clip!

2020年05月15日

武田鮮魚店

39県で緊急事態宣言が解除されましたが、第2波、3波の感染拡大も懸念され、まだまだモラルを含めて厳しい状況が続くでしょう。

特にサービス業は厳しいと思いますが、私も「自分のお気に入りの店」できる限り支援したいと思っています。

地元には応援したい店がたくさんあるのですが、ブログですから全国規模で考え、今回は「小樽三角市場」をご紹介します。

小樽に来る芸能人が必ず寄ると言われる小樽三角市場の「武田鮮魚店」は、私も北海道を訪れる友人に必ず紹介する優良店です。

また、私の友人には「必ずサービス」してくれます(笑)

その武田鮮魚店では、10月末までカタログ販売を含めて「全品10%引き」だそうです。

特に福箱ならぬ「復興」「復箱」は何が入っているか分からない「大サービス品」のようです。

武田鮮魚店ちなみに我が家に届いた「復箱」は、こんな感じで、活ロブスター2尾、マグロ、ウニなど、これで1万円安すぎですよね。
(ロブスターの大きさ比較写真ww)

大きさ比較全国各地で行われる北海道物産展なども中止になっていると思いますが、ぜひ「美味しい北海道の海の幸」を楽しみたい方は武田鮮魚店のウェブサイトをご覧ください!

小樽三角市場 武田鮮魚店
http://otaru-takeda.com/


solisoli at 07:30|PermalinkComments(2)clip!

2020年02月25日

新コロ対策

新型コロナウイルスは世界を震撼させ、日本国内も大騒ぎになっています。

私の地元・北海道でも感染者が増えていますが感染経路が分からないこともあり、今後も感染者が増えることでしょう。

そのような中、北海道の飲食チェーン店の役員さんが感染を公表し、店舗も自主的に休業したそうです。

風評被害の心配もあったと思いますが、公表することの方が企業の姿勢が伝わり「安心できる店」と感じられますね。

風邪やインフルエンザも同様ですが、誰しもが感染リスクがあるわけです。

自分がいつ感染していてもおかしくない状況なのですから、ただ恐怖し騒ぎたてるのではなく「できるところからの自己対策」が優先されますよね。

ちなみに私の自己対策は次亜塩素酸水Gミストを家中で使用しています。
(噴霧器が玄関とリビングに1台ずつ、他に手洗い用も・・)

また、出張用に「携帯型Gミスト」も持ち歩き、ジャブジャブと使っております(宣伝・・笑)

商品名こそ出ませんでしたがNHKのニュースやニュースステーション、ZIPなどテレビでGミストが品薄などと報道もされましたが、やっと「増産体制」が整ったようで、ネットショップで購入できるようになっています。

何といっても特許製法「長期保存」できるため、他の次亜塩素酸水よりも「備蓄」できるのが良いと思いますよ。


solisoli at 07:30|PermalinkComments(4)clip!

2020年02月03日

建設ITガイド2020

私はセミナーなどでICT活用について話をするときは、ネタとして「突出した事例」を紹介してしまいます。

聞いてくれている人達は「スゴイ」感心してくれるかもしれませんが、それは「相手の目線」になっていないからかもしれません。

建設ITガイドさて、2020年版の「建設ITガイド」が発刊され、今年も献本していただきました。
(経済調査会の担当者様、いつもありがとうございます)

例年のことですが、献本していただいたということは「宣伝」しなくてはなりませんよね(笑)

今年の特集は「i-construction・生産性革命のエンジン"BIM/CIM」ということで、各自治体の取り組みや最新事例、今後の取り組みなどの記事が満載です。

その中で私の注目は・・静岡県の建設会社の事例でした。

他の記事とは少し違う内容でして、地方の中小建設会社がi-conに取り組んだ「過程」が紹介されています。

ICT活用に取り組みました・・という建設会社は多いと思いますが、その上に「仕方なく」という言葉が入る建設会社も多いと感じています。

そしてICT活用は必要と感じながら、踏み出すには「周囲の様子」を伺い、他の会社も「仕方なく」という雰囲気をだしていますから安心してしまうこともあります。

スゴイ事例刺激を与えたり、より向上するために必要と思います。

でも、もう一つ「私達でもできました」という言葉がたくさん集まることも「刺激」になると感じました。
(もしかすると簡単な言葉の裏に計り知れない苦労もあったと思いますが・・)


solisoli at 10:07|PermalinkComments(4)clip!

2020年01月22日

ドラム缶コーヒー

昨年の今時期、サントリーの缶コーヒー「ボス」が地域限定ながら札幌の除雪担当者にスポットを当てたCMを作成したという記事を書きました。

寒い時期の仕事は「暖かいもの」を飲みたいですから、建設現場は「缶コーヒー」の需要が高いですよね。

さて、今度はダイドードリンコさん缶コーヒーで建設現場を支援するというプロジェクトを行うそうです。

建設現場に缶コーヒーを差し入れるというものですが、その缶コーヒーが「ドラム缶」とのこと(笑)

ドラム缶日産自動車とアプリ制作の助太刀の3社の取り組みで、日産「キャラバン」で24時間対応、1現場当たり最大250本のドラム缶コーヒーを差し入れしてくれるそうです。。

関東1都6県の現場(茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県)の限定となりますが、暖かい「差し入れ」は嬉しいですよね。

応募してみる価値はありそうですよ。


solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)clip!

2019年07月31日

熱中症対策の飲用水に

ここにきて一気に本格的な暑さになったようです。

いつもはカラっとしている北海道も「蒸し暑い」感じです。

くれぐれも「熱中症」にはお気を付けください。

何よりも「水分補給」が重要ですが、水だけを飲むと血液のナトリウム濃度が薄まり脱水症になりやすくなります。

また「塩分」も摂取しすぎるのも良く無いですし、糖分を取りすぎるのも気になります。

そのため「ミネラル」を多く含み、少ない糖分を効率よく摂取できる「マグネシウム」が多い飲み物が良いわけです。

また、最近は現場事務所や休憩所にお湯も出る「ウォーターサーバー」が用意されるようになりました。

ならば、ウォーターサーバーに入れる「水」ミネラル分が豊富でマグネシウムを多く含むものに変えると良いわけです。

MGということで「高知県室戸産の海洋深層水」に着目してみました。
(画面クリックで拡大)

実はコーヒーやカップラーメンも「美味しく」なるようです。
(働く環境の向上にもなるわけだ!)



solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)clip!

2019年04月16日

岡山での創意工夫セミナー

私には全国各地に情報を集める「諜報員」がいます(笑)

また「私の営業」をしてくれる「ありがたい人達」もいます。
(私の人徳の賜物ですね・・おいっ!)

勝手に「■■地区営業所」などと名付け、近くに寄った際は「自分の会社」のように使わさせていただいております(汗)

さて、来週は広島や島根を訪問するのですが、諸事情で「丸一日」スケジュールが空いてしまいました。

すると、地元で電子納品代行3次元やVRモデルを制作している「私の中国地区営業所(笑)」から創意工夫やイメージアップについて「セミナーをしてほしい」と頼まれました。

過去に作った「セミナーネタ」があるため「いいよ〜」軽く返事をしたのですが・・。

先週「レジュメ」を確認したところ「現場目線で見てきた創意工夫事例などを、惜しみなく本セミナーにて公表する」と書かれているではないですか(汗)

簡単に「事例」と言いますが、下調べや現地での写真撮影など「かなりの時間」を要します。

これは大変だ!!・・とユニトライクさんなどにも協力いただき、新作部分や改編などで3時間程度の内容を3日間で作成いたしました・・。

睡眠時間を削り(食事時間はしっかり確保)かなり集中した仕事を「久しぶり」にしましたね(笑)

岡山市での開催ですが、ご興味のある方は「中国地区営業所」を見てくださいね。
(下線部は全てリンクしておりますのでクリックしてください)

なんと・・私のスケジュールの穴埋めということで「参加無料」CPDS3ユニットつくそうですよ。



solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)clip!

2019年02月01日

建設ITガイド2019

2019年版の「建設ITガイド」が発刊され、今年も献本していただきました。
(経済調査会の担当者様、いつもありがとうございます)

01301724_5c515f433e508献本していただいたからには「宣伝」しなくてはなりません!(笑)

とは言え「忌憚のない意見」を言わせていただくと「編集に苦労されたのではないか」と想像してしまいました・・。

コンセプトとして「先の情報」を提供したいと考えられていると思いますが、建設ICTは進んでいるようで「大きな進展」が無いのも事実です。

加速度を上げて先進するより「広範囲に普及」させている・・という感じかな。

しかし、生産性革命という漠然としたモノから、事例が充実してきたことで情報共有や人材育成といった「より具体的」効果がイメージしやすくなっていると思います。

例えば「情報共有アプリ」データを共有して活用できるから効率的になる・・というより「作業手順書」現地状況の写真やコメントなど入れて協力会社と共有できた・・の方が効果が分かりやすいですよね。

すると、現地要件にあった手順書が簡単に見栄え良く作れるならば「安全管理の評価」も向上するだろうと感じられるわけです。

ICTを先進的に導入している建設会社の人の中には「なぜ他社は二の足を踏んでいるのだろう」と感じている人が多いのですが、この「具体的な効果」上申できないという理由もあるのですよ。

今回の「建設ITガイド2019」は、建設現場でのICT活用が「より身近になっている」ことが感じられやすくなっています。

ぜひ、書店か経済調査会からご購入ください。


solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)clip!

2019年01月11日

抽選会

ずいぶん先の話になりますが、8月に契約していただいているクライアント限定「勉強会」を札幌で開催します。

昨日は、その会場の「申し込み抽選会」に行き、無事に会場確保できました。
(意外と競争率が高かったです・・汗)
抽選会
既に新年の挨拶とともにクライアントさんに打診していますが、多くの「参加表明」をいただき、このままいくと「かなりの人数」(100名以上)が集まりそうです。

この勉強会は、各社が現場での取り組みを発表するもので、発表者のプレゼン能力向上だけではなく、聞く側も「気づき」「刺激」を得るというコンセプトで行っています。

私のクライアントさんは優良工事表彰やi-con大賞受賞の他、規模を問わず「意識が高い」会社ばかりです。

そのような会社が、隠すことなく「裏の秘密」まで見せあうわけですから、勉強にならないわけが無いですよね。

勉強会も大切ですが、それ以上に「懇親会」も重要です(笑)

全国のクライアントさんの8割くらいが参加してくれそうなのは、合言葉を「ススキノで飲もう!」としたからでしょう(爆)

基本的に参加はクライアント様限定ですが、クライアントが「学び」に繋がるゲストの参加は考えていますので、よろしくお願いいたします。


solisoli at 07:30|PermalinkComments(4)clip!

2018年12月05日

熱中症対策を・・

先週は「沖縄」にいたのですが、新千歳空港に降り立った時は温度差で「ヒートショック」になるかと思いました(笑)

さて、昨日は全国的に気温が高かったとのことで、12月としては記録的とのことです。

このまま「寒くならなければ良い」と思っていましたが、今日から気温は大幅に低くなるそうです・・。

これから「冬」になるわけですが、私は来年の「熱中症対策ネタ」を考えております(爆)

海外から熱中症対策に使えるかもしれない「あるもの」を取り寄せました。

しかし、あまりにも「レア」すぎて、国内に「データ」がありません。

一応「プロの方」にも成分分析などお願いしているのですが、私自身も「効果」の検証をしようとしました。

昨日は一日かけて試行錯誤しながら「格闘」しておりましたが、心が折れました・・(おいっ!)

とても面倒なのですが(笑)、面倒だからこそ誰も手を出さなかったわけで、隙間であることは確かです。
(韓国のメーカーが製品化したという話も聞きましたが・・)

ここに書いた以上は「成功」させたいと思いますが、来年の初夏に私が何も告知しなければ「失敗」したということで・・(爆)


solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)clip!
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント