告知・CM

2017年03月21日

誤送信

メールやSNSなどで「誤送信した」という話をよく聞きます。

家族に送るつもりで書いた「幼児言葉」LINEを間違えて部下に送信したカタブツの上司などの話は笑えますが、企業が個人情報を流失させたなどの話は「信用問題」にもなりますよね。

ちなみに私も仕事用のExcelファイルを添付してメールを送ったつもりが「ダイエット記録」を添付してしまったことがあります・・(爆)

さて、4月13日〜14日に札幌コンベンションセンターにて(株)岩崎さんが主催する「岩崎トータルソリューションフェア」が開催されます。

私も昨年のトータルソリューションフェアで「セミナー」をさせていただき、200名以上の聴講者が来てくださいました。

今年は50回記念ですから岩崎さんもチカラが入るでしょうね。

私のセミナーはありませんが(笑)、私が商品プロデュースしているユニトライクさんシスメットさんが出展します。

特に私の経験から作った、道路や河川など「維持工事」の書類を「楽に作るアプリ」など初披露しますので、ぜひ来てくださいね!
続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年01月23日

工事評価点UP塾

いつもお世話になっている「北海道建設新聞」さんですが、毎週金曜日に「工事評価点UP塾」というコラムが連載されています。
工事評価UP塾
実は私が書いています(汗)

そのものズバリのタイトルで、ちょっと「おこがましい」とは思うのですが、趣旨が分かりやすいので良いでしょう(笑)

工事評価の向上方法はイロイロあると思いますが、今回のコラムでは「現場のマネジメント方法」「快適な職場環境づくり」という2点について考えていきたいと思います。

とは言っても、現状で「話の構成」などを考えていないので、どのような展開になるか自分でもわかっていません(おいっ!)

悪い表現をすると「何も考えていない」となりますが、良い表現をすると「臨機応変に対応できる」ことにもなります(どんな理屈だ・・笑)

早速「理論だけではなく具体例も欲しい」という要望をいただきましたので、今後対応していきます。
続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月20日

マンガで学ぶi-con

私の周りにも「i-construction」に取り組む現場がかなり増えてきています。

しかし、自社だけで全てを行うには、まだまだ体制が厳しく、建機メーカーさんやデータ作成業務など、いろいろな方面からの「支援」が必要ですね。

さて、以前当ブログで「安全くんがi-Constructionを説明する冊子を出す」と書いたことがあります。

ちなみに「安全くん」とは西尾レントオールさんが宣伝を兼ねたサービスとして安全資料などを提供しているモノで、私も分かりやすい安全教育資料に使えると推薦しています。

その冊子が完成したということで私に献本してくださいました。

安全くん大まかですが「i-constructionの流れ」が分かりやすくなっていると思います。

今後はNISHIOさんが実施するセミナー等で資料として使うそうです。

ちなみにインターネットでも無料で閲覧できますよ。
http://www.nishio-rent.co.jp/i-construction/comic/

続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月11日

メールについて

1日で300通以上のメールをいただきます。

・・と言っても9割が「迷惑メール」ですよ(笑)

最初は、小松、上杉、加藤など仕事先の人と同じ苗字でのメールもあり一瞬焦ったこともありますが・・。

ブログや連絡用などにメアドを公開しているためと思われます。

迷惑メールは自動的に振り分けられるのですが、間違って振り分けられることもあるため「たまに確認」をしていました。

しかし、最近は放っておくと「数千単位」のメールになっているので「確認」も止めています。
(時間の無駄になってしまいます・・)

すると昨日「メール見ましたか?」と直電をいただきました(汗)
続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月03日

ハイウェイテクノフェア

昨日は東京ビックサイトで行われた「ハイウェイテクノフェア」を見に行ってきました。

星和電機入口すぐのブースでひときわ目立つのは「星和電機さん」のブース。

電光表示板
照明設備を製作している京都の会社です。

奥に進んでいくと「ニシオレントオールさん」のブースを見つけました。

私が説明するまでもなく情報化施工などに積極的に取り組んでいるレンタル会社さんです。

シーキューブその後、中京地区でNTT通信設備工事をメインに行っている「シーキューブさん」のブースを発見。

数年前の名古屋での展示会からお世話になっている会社です。

アイデアサポートその隣は「アイデアサポートさん」のブース。

舗装会社さんに向けた「便利グッズ」を販売している会社で、私も昔からお世話になっています。

社長さんと民間土木工事のi-con推進方法舗装技能工の早期育成方法などについて話をしてきました。

その隣には・・・
続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年10月21日

i-constructionセミナー

本日は「北海道建設新聞社さん」が主催するセミナー講師を務めさせていただきます。

その北海道建設新聞社さんが来月「i-constructionセミナー」を開催するそうです。

ナ・ナ・なんと、講師は建設ITジャーナリストの家入さん

また、北海道開発局の村上技術管理課長さんから北海道開発局におけるi-conの取り組みについて説明もあります。

残念ながら、私は講師をしませんが(笑)、今回の企画協力を行った「スタッフ」としてウロウロしています。

私のセミナーよりキャパ2倍以上の450名とのこと・・(汗)

ぜひ、皆様のご来場をお待ちしております。

お申込みはこちらから。
http://e-kensin.net/library/sonota/20161108seminar_pamphlet.pdf
続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年10月04日

愛知でi-con勉強会

建設作業の革新ともいえるi-Construction(アイ・コンストラクション)が建設業界で話題です。

ICTによる生産性向上がメインのため、どうしてもソフトウェアに注目が行きがちですが、私は企業体制という「ハードウェア」が何よりも重要と考えています。

さて、中部地方整備局さんは情報化施工などに積極的に取り組むi-con先進地ですが、その愛知県内で「勉強会」を開催いたします。

まず、今やICTに関して建設業界NO1の呼び声高い「Y土木」さんとのトークセッションを行います。

Y土木さんは「Fコンピューターさんのセミナー」などでも有名ですし、全国を駆け巡っていますが、もともとは私が主宰する「チームにくまる勉強会」出身者です。
(と自分の手柄にする・・笑)

そのため、Fコンピューターさんのセミナーでは絶対に聞けない「秘密」を暴きますよ(笑)

その後・・
続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

2016年08月23日

施行成績の傾向と対策セミナー

先日も告知いたしましたが、9月2日と10月21日に北海道建設新聞社さん主催で「施行成績の傾向と対策セミナー」を行います。

そのデータが出来上がったため、新聞社の担当者さんに見ていただきました。

と言っても「工事評価点」に限ると「やるべきこと」は決まっていますから、いつも「同じ話」になってしまうのですが・・(汗)

私はともかく(おいっ!)、セミナーでは昨年に引き続き「発注者側から見た対策」を国土交通省で技術管理官を務めた山崎さんがお話しされます。

その資料を見せていただきましたが、昨年のアンケートを受け、今年は「より具体的な内容」になっていて、私も大変勉強になりました。

さらに技術管理官時代に作ったという「現場監督員向け資料」まで公開されるそうです。

現場において「どのポイント」を見ると施工者のレベルが分かるか・・などということらしいですよ。

受講申し込みも順調なようで、安心しました。
(定員が350名と限りがありますので、興味のある方は早めにお申し込みを・・)
続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年08月04日

北海道でのセミナー

昨年、北海道建設新聞社さんが主催し、私が講師を務めさせていただいた「総合評価方式対策セミナー」「とても好評」だったとのことで、今年も開催することになりました。

昨年は当初予定を大幅に上回る250名の参加をいただきましたが、遠くからきていただいたり、まだ参加したいという方が多かったらしく、今年は2会場で350名のキャパを確保したとのことです。

ちょっと、キャパが大きいかなと思うのですが(汗)、今年「岩崎さん」で行ったセミナーもすぐに定員の200名を達成できていたようなので、何とかなるのかな?(笑)

料金は1万3000円と強気の価格設定ですが、新聞社さんが「それだけの価値がある」と判断していただいたようです。
(費用対効果は「それ以上」と言われております・・汗)

実は、新聞社さんとは日程は聞いていましたが何の打ち合わせも無く(笑)、友人からのメールで「最新の現場状況」「i-Conの話がある」などの「内容把握」いたしました(汗)

まぁ、それだけ内容を「信頼」されているということかな(笑)
続きを読む

solisoli at 07:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年05月10日

Click3D

土木業界は「CIM」の導入が進んでいます。

ちなみにCIMとは、建設業における生産システムを効率化するために、3次元モデルを構築して設計、施工、維持管理を連携させる・・というようなことだと思います。

しかし、紙媒体の図面などで「モノづくり」をしていた「脳」は簡単には3次元を受け入れられない・・という問題もあります。

まぁ、私は発注者サイドはドンドン進めるべきと思っていますが、一方で「できる人とできない人」二極化は避けたいと思っています。

現状では「できる人」「好きな人」の視点で物事が進んでいるように感じられ、実際に日々最前線で地域のために汗を流している人にまで浸透しきれていない気がするのです。
(だから「ちなみにCIMとは・・」と解説まで付けました・・)

3次元化は技術進化ですから避けられないわけで「できない人をできる人に変える」必要があります。

図面など2次元で考えているものが、簡単に3次元化されると良いのですが・・。
続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント