道路工事中につきご協力を

北海道 札幌 土木 建設 道路工事 工事中 無料 イラスト ダウンロード 安全 創意工夫 総合評価 イメージアップ 自己研さん 

カテゴリ: 紀行文

先週の日曜日は、東京にて「谷根千」と呼ばれるスポットを中心に散策いたしました。

東京でも数少なくなった昔の下町が残っている谷中・根津・千駄木周辺のことです。

昭和が残っている路地裏の散歩という雰囲気が大好きですね。

まずは、日暮里から谷中霊園を著名人のお墓を探しながらノンビリと散策。

そのまま、喫茶店「カヤバ珈琲」あんみつをいただきます。

カヤバここは1938年創業らしいのですが、その外観とは裏腹に内装は、白壁をプロジェクターを使って「ゆらぎ」を表現するなどモダンでした。
(こういうところが勉強になりますね)

夕焼けの絶景スポットであり、ネコ達の遊び場でもある「夕焼けだんだん」を下って谷中銀座商店街へ。

ゆうやけだんだん実は、ファンでもある某タレントさんが「夕焼けだんだん」を上っているシーンを以前から見ていたので、訪れたいスポットでもありました(笑)

大変にぎわっている商店街ですが、それ相応の理由があり、散策するだけでも楽しい場所でした。

へび道と呼ばれるクネクネした道路を抜け、「ねんねこ家」へ寄り道。

ねんねこ屋ところどころに「細かなネタ」が配置されていて、見るだけでも「おもしろいスポット」ですね。

この近辺では、普通の野良ネコが歩いているだけでも「絵になるところ」なのです。
(住んでいる方は迷惑かもしれませんけどね・・・笑)

鷹匠その後、鷹匠という蕎麦屋さんで昼食(当然、お酒つき・・・笑)をいただき、根津神社へ。

「つつじ祭」が終わった後でしたが、境内には、また「つつじ」が咲いていて、なかなかの景色でしたね。

日本最初の公園といわれる飛鳥山公園で休憩後、西巣鴨の稲荷湯で2万歩以上も歩いた疲れを癒します。

稲荷湯ここは映画「テルマエ・ロマエ」のロケ地にもなった銭湯で、当然ながら雄大な富士山が迎えてくれるお風呂でした。
(ヴェスビオス山ではなく、本栖湖からの富士山でした・・笑)

浴槽は、ルシウスが出てくるのにちょうど良い深めですが、熱い!(笑)
(でも、それが江戸風情で良いのです)

フルーツ牛乳風呂から上がりは当然、フルーツ牛乳ですね。
(稲荷湯の坪庭で撮影)

古き良き、東京の昭和を感じる散策でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先週の土日は東京にいたのですが、一人旅ですからヒマを持て余していました。

「何か良い過ごし方は無いですか?」とフェイスブックに投稿したところ、お付き合いしてくださる女性がいて・・(笑)

ということで、土日に東京デートを楽しみました。
(途中で3人デートになりますが・・・爆)

基本コンセプトは、「おじさんが一人じゃ行けないけれど、女性と一緒なら行けるスポットを巡る」です(笑)

実は私、こう見えて「一人で行ける限界」はマクドナルドが上限なのです・・・。
(スタバは一人じゃムリ・・・汗

おかしランドということで、まず、待ち合わせは「東京駅」

「東京キャラクターストリート」「東京おかしランド」を巡ります。

北海道のカルビー+も混んでいますが、コチラは桁違いでした・・。

レインボーブリッジその後、スカイバスに乗って、レインボーブリッジや勝鬨橋などの構造を真下から「視察」いたしました・・(笑)

青山から表参道を散歩しながら原宿へ。

高校生の時に「竹の子族」を見に来て以来の原宿です(爆)

竹下通り竹下通は、意外に「おじさん」も多く、安心してクレープを食べ歩いたり、アイドルショップなどを見に行ったりしました。
(アイドルショップ内で同行女性と離れてしまい、泣きそうになったが・・・)

恵比寿では、偶然に「土屋アンナ」と遭遇し、さすが東京は芸能人が多いなぁ・・とおノボリ状態に・・・(笑)

ホッピー夜は、ホッピーという飲み物を飲んだことが無いということで、上野でホッピーをいただきました。
(場所も良い雰囲気でした)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

タイトなスケジュールの1週間でしたから、今回は訪問先でのグルメネタはありません(笑)

でも、山梨ではチョットだけ時間が空き、一人の自由時間ができました。

そこで、甲府城から躑躅ヶ崎館への散歩(往復5kmくらいかな)を楽しみました。

甲府本当に良い天気で、甲府城の天守閣跡から富士山など甲府を囲む山々を眺めていると、一人のダンディな男性が上がってきました。

容姿や服装などを見ても、相応の立場にある方だと思われます。

地元の方で、あまりにも天気が良かったため、出勤途中に天守閣跡に立ち寄ったとのこと。

私が北海道から来たことを知ると、山々や見える街並みの解説をしてくれました。

それが、とても丁寧で分かりやすい説明でして、「あぁ、このような大人になりたいな」と感じました。
(私も十分に大人のはずなのだが・・・笑)

でも、旅先で親切にされるというのは、とても嬉しいことですし、この紳士一人の印象だけで「山梨が大好き」になってしまいましたね。
(ほうとうも食べたかったなぁ・・・笑)

私もスマートな紳士を目指したいと思いました!

あ、スマートな体型ではないよ、賢明という意味のスマートよ。
(スマートな体型を目指すのはムリ・・・笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

出張続きですが、毎週末には北海道に帰ってきています。

でも、帰ってきても勉強会や懇親会などの「飲み会」への出席が続いてまして・・・(汗)

気が付くと、しばらく「嫁さんの料理」を食べていないような気がします・・・。

こうなると「太っちゃう」のですよね・・(笑)


先週の出張先である「高知」でも「太り」ました(爆)

美味しいモノをたくさんいただいた、ということもありますが、なぜか高知はお酒の量もススミます。

そうなると、最後の「締め」もついついガッツリ系になってしまいます。
(そうなるのか?)


安兵衛ということで、高知の夜の「締め」「屋台安兵衛」さん。

前回訪問時に連れてきていただき、ここの餃子にハマってしまったのです。

「締め」ですから、サラッと、餃子とラーメンとビールを注文いたします・・・・・・(オィッ!)

ぎょうざ餃子は、普段食べている餃子とは一味違い、かなりカリカリに焼かれています。

しかし、中身はとってもジューシー

これがビールとピッタリで、「締め」なのにビールを追加してしまいます・・・(笑)


ラーメンラーメンは、「締め」にふさわしく、スープはアッサリ、麺は味わい深く歯ごたえが良いです。

あれだけ食べたのにサラッと食べきれる美味しさです。


まぁ、だから「太る」のですけどね・・・(爆)

今週も出張がありますが、着ていく服(着ることができる服)があるかなぁ・・・。

屋台安兵衛
高知市廿代町2

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

最近はテレビなどを見ていて、「ここ行ったことある!」とか「これ食べたことある!」と叫ぶことが多いです。
(家族は迷惑・・・笑)

それだけ各地で、おいしいものや名物、隠れた名店に連れて行っていただいていると感謝です。

今週は高知に行ってきましたが、高知でもたくさんの「おいしいもの」をいただきました。

空港到着とともに「かつお」をいただきましたが、今時期の「戻りガツオ」のたたきは美味しい!

結局、高知にいる間は「ほぼ毎食」かつおをいただいていたような・・・(笑)

夜は、高知一の老舗といわれる城西館「思季亭」で土佐料理を満喫させていただきました。

正直、ほとんどが見たことない高級料理でして(笑)

ぬたおおっ! これがウワサに聞いた「ぬた」なのね、とパチリ

「献杯・返杯」の儀式(笑)も堪能させていただきました。


その後、もう少し庶民的な店と言うことで次は「ひろめ市場」やいろ亭へ。

やいろ亭「うちのタタキは高知で一番おいしいと勝手におもうちゅう」と、言うだけあって美味しい。

「あおさのり天」などをツマミに栗焼酎をいただきました。

ふと、周囲を見ると、各ビール会社が不思議な言葉のコピーを・・・。

たっすいがぁ「たっすいがぁが好き!」・・アサヒ






いかん「たっすいがぁは いかん!」・・キリン


「いちがいなががえい!」・・サッポロ

サッポロだけよくわかりませんが(笑)「たっすいがぁ」は良いのか悪いのか?

そもそも「たっすいがぁ」って何?

地元の人に意味を聞いても、いまいち理解できず、疑問を持ったまま高知を後にしたのでした・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

週末にスィーツ話を書くことも多く、「甘いもの好きですよね」とよく聞かれます。

もちろん、キライではありませんが、もう中年の「男」ですからホドホドという感じです。

ちなみに、一人でケーキショップに入れない人です。

というか、マクドナルドなどにも一人で行けないシャイ「男」です・・(笑)


さて、先日は長崎を「さるき」まわりました。

ちなみに「さるく」とは、長崎弁で町をブラブラ歩くことらしいです。

私は知らない街をぶらぶら歩くのが大好きで、迷っても「道を尋ねない」のがポリシーです(笑)

まぁ、人生も迷いまくりですし・・・。


気づけば、坂の多い長崎で4万歩近く「さるいて」いました。

もう、脱水症状でフラフラで、一軒の喫茶店で休憩することにしました・・。
(まぁ、目的の喫茶店でもあるのだが・・・笑)

一人で入るには勇気が必要ですが、ここは「男」ですから思い切って入店!

店内は、女性が一杯(それも中高生ばかり・・)

でも、私は「男」ですから、「男」らしく 

 パフェ をオーダー・・・(笑)

いえいえ「男」ですから、「男性専用パフェ」、それも中高生の女の子たちの前で、未成年禁止の「禁断のパフェ」を頼むのが「男」たるものです!!

BlogPaint本当は、さらに「男」らしく、1m20cmのパフェを注文したいところですが、直前にチリンチリンアイスを食べていたため、今回はホドホドに・・・(笑)


禁断のパフェは「このへん」が未成年禁止かな・・・(笑)


脱水症状の私は「禁断のパフェ」を3分もかからず完食・・。

もしかしたら、1m20cmのタワーパフェもいけたかも・・・(ムリムリ)


でも、4万歩も「さるいた」のに、トルコライスチャンポン皿うどん角煮まんパフェカロリー過多の1日でした・・(笑)

カフェ・オリンピック
長崎県長崎市浜町8-33 高橋呉服店ビル2F

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

理想はあっても、なかなか思うようにいかないのですが、そろそろ、いつまでも理想を追いかけている訳には行かなくなってきました。
(いきなりグチから?)

まぁ、足りないものはハッキリしているのですが、そこにも理想ポリシー得手不得手があるわけで・・・。

そこで、最後の手段に出ることにします・・・・。


「神頼み」
です(爆)


ということで、神頼みの総本家、伊勢神宮へ参拝に行ってきました。

前日は、伊勢神宮の外構工事も行っている会社を表敬訪問し、いざ伊勢神宮へ。

がんばろう東北と・・、前方に「がんばろうTOHOKU」のステッカーを貼ったクルマが・・・。

実は、飛騨の名匠「シモダトンボ」の下田社長とご一緒させていただいたのでした。


まず、外宮を参拝してから、内宮を参拝するのが正式らしく、流儀に乗っ取り外宮を参拝。

伊勢神宮その後、内宮に行ったのですが、平日の早朝にも関わらず駐車場は満車状態でした。


再来年の式年遷宮に備えた行事も行われていて、厳かな雰囲気の中、参拝したわけですが・・・。

伊勢神宮行事厳かな雰囲気に呑まれ、私的欲求を満たす願い事よりは、国の安泰を願うことになりました・・(爆)


ま・・まぁ、国家が安泰なれば、私にも良いことがあるでしょう(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

原子力発電で思うことはありますが、別に私は政治的なプロパガンダを行う気はありませんので、原子力発電の是非を「この場」で論じるつもりはありません。

が、やはり日本国民・・いえ地球人として、考える必要はありますね。

もちろん、私にも主張はあるのですが、読み聞きした情報を「自分の主張」と変換するのはキライなので、自分の目で確かめるべく、原子力銀座とも言われる若狭湾を訪問してきました。

もんじゅ敦賀原発・美浜原発、高速増殖炉「もんじゅ」などを遠くから眺めただけですが、美しい風景にあの建物は不釣り合いだとも感じましたし、近隣で釣りをしている人たちを見ると、地域に溶け込んでいるようにも感じます。
(別の意味で溶け込んだらマズイが・・・)

また、これだけ多くの原子力関係施設が若狭湾に集中している恐ろしさも感じました。


さて、原子力発電所見学だけではなく、しっかりと「おいしいもの」もいただいてまいりました(笑)

敦賀と言えば、敦賀ヨーロッパ軒のソースかつ丼ですね。

ヨーロッパ軒ヨーロッパ軒は建物もヨーロッパ風(?)でインパクトがあります。

このようなセンスの店は、期待大です(笑)

その期待を裏切らず、メニューには「ジクセリ」などの謎メニューのある中「スカロップ」なるものを見つけました。

メニューの写真を見る限り、これは北海道は根室名物の「エスカロップ」ではないですか!

なぜ「エ」が消えてしまったかを考えている間に「ソースかつ丼」が登場。

カツ丼卵でとじていないカツ丼ですが、柔らかいカツと酸味のあるソースがご飯に合いますね。





アナライザー敦賀市の中心商店街には、宇宙戦艦ヤマトなどのモニュメント像がありましたが、「放射能除去装置」を取りに行くというストーリーの宇宙戦艦ヤマトなだけに、何とも皮肉を感じました。



佐渡先生2199年まで待たずとも「コスモクリーナーD」が欲しいところですね。
(佐渡先生の横に座って一杯やりながら考えましょう)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今週は京都府と滋賀県を中心に「旅」をしてきました。

まず訪れたのは「天橋立」

日本三景のうち、松島と厳島は訪れていた私は「遠ければ まだふみもみず」状態の天橋立に行きたかったのです。

またのぞきあいにくの曇天でしたが、「股のぞき」してみると確かに「天に架かる橋」でした。

京都市内は、「次回の訪問」を期待して素通りし、滋賀県へ。

一昨年、昨年と坂本龍馬ブームに沸く高知を訪れていましたから、今年は「江ブーム」を見越し「城と歴史巡り」をしたかったのです。

神社その前に、個人名の都合でココでは名前を明かせない「某神社」を訪問し、ご先祖様から強力なパワーをいただきます。

まずは、私が天下統一をする際、必ず居城とする「観音寺城跡」へ。
(ゲームの話ね・・笑)

想像以上に広大でしたので、チラリと雰囲気だけを味わい、「安土城跡」や資料館などを見学。

安土城ここに壮大な城下町があったとは感じられない風景でした。

その後、彦根城長浜城(歴史博物館)を見学。

小谷城跡を訪問すると、「江のドラマ館」 やら「江のふるさと館」などがあるという情報を知り、そちらも訪問。

すっかり、ブームに乗っかってしまいました・・(笑)

きままな「一人旅」も良いモノでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ