建ブロの日

2008年04月04日

新建設人の皆さんへ

新年度、新たな気持ちで建設業界に入ってきた方も多いでしょう。

さて、毎月「ゾロ目の日は建設ブロガーが統一テーマで記事をUPするのですが、今回のネタは「新建設人の皆さんへ」ということです。

まぁ、あまり偉そうなことは言えないのですが・・・・。
(いつも偉そうに書いているというツッコミはいりません・・笑)

建設業全体は詳しいことが分からないので、私の携わる公共土木工事について・・・


この仕事は、とても辛く大変な仕事です。

書類だ、現場だ、安全だ・・・と寝るヒマも無く働かされることも多々あります。

この先も公共事業削減など不安定ですし、全体的に離職率も高いです。

しかし、「考え方」を変えるとこんなにヤリガイを感じやすい仕事は無いのかも知れません。

私の講習用ネタのひとつを披露します・・・(笑)

続きを読む

solisoli at 04:44|PermalinkComments(8)TrackBack(1)clip!

2008年03月03日

年度末を迎えて

年度末には道路工事が多い・・・。

年度内の予算消化だ!

国民の税金が無駄に使われている・・・。

などと言う話を耳にします。

私の住む北海道では雪の影響もあり、11月〜12月に掛けてが道路工事のピークとなります。

そして、年度末と言われる3月も道路工事が多くなります。

年度内の予算消化と言われる問題は、行政側の予算などの内情を知らないので、私は不用意に書くことはできません。

ただ、私の分かっている限りの事実を書きます!


年度初めに予算を決めて、工事設計をし、発注するには早くても数ヶ月は必要です。

だいたい8月とか9月頃でしょうか・・・。

それから工事を行うのですから、ピークは11月、12月に行われますし、私たち施工業者としても「できるだけ」雪の降る前に工事をしたいので、突貫工事になり、手が広がってしまいます。

そのため、工事が多いと感じるのかも知れません。

また、降雪前に完了できなかった工事は、雪が融ける3月に集中して作業を行わなければなりません。

もうひとつ・・・(実はコチラが本当の実態)

年度当初に予算決定しても予算を一気に使い切るのでは突発的な事態に対応できません。

年度を通じて優先度の高い事業から順序を決めて行うのは、行政としては当然の措置です。

すると年度末に工事が集中するのかも知れません。

私たちも、年度末に忙しい思いをしたくありません。

そして、突貫工事は儲からないし危険度も高いのです。

しかし、限られた予算を有効に使うためには、吟味して使い、何かに備えて計画的に使うのも大切なことだと思います。

続きを読む

solisoli at 03:33|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

2008年02月04日

建設業と3D

以前から、ハゲの私ですが、ここ数ヶ月で、また「髪の毛」の量が減りました・・・・。

年齢のせいもありますが、男性ホルモンが多すぎるのが最大の原因です。
(いきなりのカミングアウト!)

ちなみに男性ホルモンは体つきだけではなく、地図を読む能力にも影響しています。

つまり、ハゲは道に迷わない!のです。
(根拠なしっ!!)

現に男性ホルモンの多い私は、事前に地図を見ておけば初めて行く町でも迷いません。

帰巣本能は犬以上です。
(家に帰りたくない日もあるが・・・・笑)

さて、地図を読む能力とは「2次元を3次元化」する能力のことです。

建設技術者は、2次元を3次元化する技術も優れています。
(多分、「ガンプラ工場の人」の次くらいに・・・笑)

設計者は脳内にイメージされた構造物を2次元化し、施工者は紙に印刷された図面を脳内で変換し立体化するのです。

ただ、全ての建設技術者に「その能力」があるとは限りません。

知り合いに、配筋図が読めない+いつも道に迷うヤツがいます。

ちなみに彼は人生設計も下手で、人生も迷ってます・・・(笑)

続きを読む

solisoli at 05:25|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント