建ブロの日

2013年11月18日

土木の日

今年は出張中に体調が悪くなることが多々あり、注意していたのですが、今回も出張先で体調を崩してしまいました・・・(汗)

どうしても旅先では熟睡できず、睡眠不足になりがちなことと、あとは「食べ過ぎ」が原因ですかね(笑)

酒席なども用意していただきながら、烏龍茶一杯だけしかお付き合いできないこともあり、申し訳ありませんでした。
(もう、絶好調ですのでご心配なく!)

さて、本日は「土木の日」ですね。

6年前の当ブログに「土木の日を考える」という話を書きました。
http://nikumaru.livedoor.biz/archives/51187498.html

そこに「土木の日の由来」や当時の「自分の思い」などを書いていますので、読んでいただけると分かりやすいですよ・・。

また、
「淮南子(えなんじ)」
という古書に、土を盛り、木を組み、人々が安心して暮らせるようにした「聖人」の話があります。

それが「築土構木(ちくどこうぼく)」という土木の語源となったということも当ブログに何度か書きました。

「淮南子」は中国の古典ですが、日本では「土木」(公共建設全般)普請(ふしん)と言っていました。

普く(あまねく)、人々に請う(こう)ということですが、現代風に言うと「おたがいさま」という感じですかね。

中国では聖人が民のために社会インフラを構築し、日本では地域が共に力を合わせて社会インフラを構築したわけです。

それを言葉として忘れずに、現代まで継承する「日本の土木」は素晴らしいと思いませんか?

続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年07月19日

建設ブロガーの会in大分2

先日開催された「建設ブロガーの会in大分」についての2回目です。

次は、現場から見た「災害復旧」の話です。

コチラも私の突然の指名に快く応じていただき、「持ちネタ」をその場で披露していただきました。

まぁ、単純には「プロジェクトX」風の話なのですが、普通の人が聴くと「大変でしたねぇ〜」という話になります。

しかし、一度でも現場を担当したことのある人は「どのように聴いたか見たか」「技術的な差」がでる仕掛けが隠されていました。

当然、認識して「仕掛けている」と思いますが、ちょっとカマを掛けてみました(笑)

私の問いにニヤリと緩んだ口元が後ろナナメ45°からも見えましたね(笑)

これは、私がテクニックとして伝えていることでもあるのですが、なかなか分かりやすく説明するデータがありませんでした。

これは、ぜひ私のクライアントさんに見てもらいたい資料でした。
(というか、資料としてください・・・笑)


最後は「web活用とCGモンタージュの建設応用」という内容。

商店などで成功しているweb活用実例を建設業で応用できないか。

3次元CGモンタージュを環境配慮などに活用できないかを考えながら拝聴しました。


ディスカッションそして、最後は全員参加のディスカッションです。

まぁ、プレゼンテーションが凄すぎて、ディスカッションというよりは感想を発表するスタイルになってしまいましたね。


さて、次回の建設ブロガーの会ですが、各地の誘致合戦の中、最終的に大阪と京都で争ったのですが、私の独断京都に決定(爆)

次回は多分、2年後かな。
(私は明日にでも京都に行きたい気分なのだが・・)

ぜひ、次回も多くの方に参加していただきたいと思います。
(今から交通費を貯金しましょう!!)



solisoli at 07:21|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2012年07月18日

建設ブロガーの会in大分1

先日開催された「建設ブロガーの会in大分」について2回に分けて書いていきたいと思います。
(名前などは伏せさせていただきます)

今回は、Google+ハングアウトを活用し、小型プロジェクターやipadにて現地参加できなかった人を投影し、バーチャルな環境にて議論などに参加できる方法をとりました。

またUSTREAMにて同時配信も予定していたのですが、通信環境が悪くコチラは断念・・・。

仕事中で話ができないという人はSkypeなどのチャット参加もありました(笑)


真剣まず、参加者全員の自己紹介の後、私が「建設ブロガーの会とは何か」ということについてお話させていただきました。

「成りたち」だけではなく、私の個人的な思いを織り交ぜて話をさせてもらいました。

でも、私の「個人的な思い」は、各自が思っている「個人的な思い」リンクしていると思いますし、目指すものは一緒だと思います。

そして、なにより「縁が繋がる」ことが大事だと感じます。


次に「予定日報で安心と感動を!」というタイトルで地元大分のミヤシステムさんにお話をしていただきました。

実は、「当ブログ」コメント第1号がミヤシステムさんだったと記憶しています(笑)

現場を中心として考え抜かれたソフトウェアで、個人的にはサクサク動くのが素晴らしいと感じましたね。


次は、現地調査や施設点検に使えるiPhoneやiPadのアプリの話でしたが、これは後日、別な段階で紹介したいと思います。

同じく、建築・土木に使えるiPad・iPhoneの活用ガイドの話がありましたが、こちらも出版に合わせ、後日タップリと・・・(笑)


次は、私の突然の指名に快く応じていただいた「建設マンのためのFacebook活用」というプレゼンテーション。

これが、また「濃い」笑)

それもそのはずで、お話していただいたFさんは建設会社に勤めながらも、「その筋(笑)」では第一人者であり超有名人という凄い人。
(そのようなお方に、ちょっと簡単に話してね〜、と頼む私もスゴイ・・・・爆)

正直、私はフェイスブックに懐疑的な部分があったのですが、今まで、それに答えを出してくれる人はいませんでした。

しかし、Fさんの話では、私が懐疑的と思って使い方は日本だけで行われているだけで、本場アメリカでは「冗談」としかとらえられない使い方をしているとのこと。

つまり、間違えた使い方を広げている人が日本にだけ多くいて、その間違えた使い方に対し、私は疑問を持っていたという訳です。

いや、目からウロコです・・・(笑)

(明日に続く)



solisoli at 07:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2012年07月17日

大盛況

7月13日に開催した「建設ブロガーの会in大分」は大盛況のうちに終了いたしました。

「豪雨」というアクシデントの中、全国各地から多くの方に出席していただきました。

結果から申しますと、「私が想像した以上」大成功で、とても嬉しく思います。


・「予定日報で安心と感動を!」ミヤシステムとその効果について
 
・「現地(災害)調査・施設点検にiPhone・iPad!」カンタンマップの活用事例
 
・建築・土木iPad・iPhone最強活用ガイド
 
・web活用とCGモンタージュの建設応用
 
・我が社のフェイスブック活用事例と今後の営業戦略
 
・海外土木業界におけるAR・3D携帯端末活用事例

という、多分、国内の建設土木関連でこれ以上無いと思われる豪華なプログラムを組みました。

が、豪雨の影響などで一部のプレゼンターさんが来られなくなり、プログラム変更が余儀なくなりました・・・。

しかし、どこでも「主役」を張れるメンバーが揃っています。

突然の指名にも即座に対応していただき、それも「素晴らしいプレゼン内容」を披露していただき、感動するとともに改めて凄いメンバーを揃えている「この会」チカラを知りました。


また、「本会」よりタメになると言われている「懇親会」「そのキャッチコピー」を裏切ることなく、大いに盛り上がりました。
(2次会・3次会も更に・・・笑)

会の内容・私の反省・感想などは後日といたしますが、まずは・・・。

関係された皆様。

本当にありがとうございました。



solisoli at 07:15|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!

2012年06月07日

このブログについて

このブログまでたどり着いていただき、読んでくださる皆様に「縁」というのを感じます。

まず、このブログまでたどり着くという事は「何かしらのアクション」をしていただいたからだと思います。

例えば、何かを知りたいという思いで検索し、たどり着いたという人もいるでしょう。

そこで、ブログを読んでいただき、何らかの思いを感じ、何度となく訪れてくれているという人もいるでしょう。

私の「勝手な言い分」を思いつくままに書いていますが、読んでくださる方は「向上心」を持たれている方だと思います。

さらに、コメントやメールをいただけることも嬉しいことです。

初めて、それも見ず知らずの私にコメントやメールを書くのは「大きな勇気」が必要かもしれませんが、私は「その勇気」を振り絞ってくれた方は「相応のスキル」を持っていると感じています。

スキルというのは実績ではなく能力、つまり「思い」「ヤル気」のことです。

実際、コメントやメールをいただいた方のところを訪問する機会が多々あるのですが、どの方も「素晴らしい仕事」「マジメな誠意ある仕事」をされています。


そのような、縁と縁が繋がっていくことが、とても楽しいです。

大きくても薄い繋がりより、「小さくても意志を共有する堅い繋がり」ができていることが嬉しいです。

このようなブログですが、私の人生観まで変わってしまい、会社を辞めるキッカケにもなりましたし、その後、独立した社名も「仲間、輪、円」を意味する言葉にしました。

今後も、色々な出会いに感謝し、縁を絆としていきたいです。


ということで、このブログを書き始めて、本日で6年目となりました。

6年前の自分には、全然想像しなかった「自分」になっていると思います。

まだまだ、仲間や輪を広げ、楽しい事をやっていき、現在の自分が想像できない「未来の自分」を目指したいです!
(髪の毛具合は想像できるが・・・笑)



solisoli at 00:31|PermalinkComments(10)TrackBack(0)clip!

2012年06月01日

いろいろと、お知らせ

当ブログは、以前に比べて「告知」「宣伝」が多くなった気がします。

まぁ、良いモノを多くの人におススメしたいという気持ちがあってのことです(笑)

ということで、本日も「告知」です・・(笑)


6月の「私の予定」なのですが、6月20日から「東北で講習会」を行います。

今回の多くが建協さん主催なので会員以外の参加ができない講習会ばかりなのですが、6月21日(木)に岩手県北上市で開催する講習会はデキスパートの建設システムさんが主催なので一般入場可能です。

北上市総合体育館で13時30分から3時間、CPDS3ユニットがつくセミナーです。
(そのうち私の講演は2時間)

北上と言えば、岩手県営工事でトップランクの工事成績を上げているO社がありますし、隣町の花巻にはT社やO社など、最近メキメキと工事成績を上げ、トップに切迫している建設会社があります。

もしも、それらの会社を、ちょっとウザイと感じてきた建設会社さんがいましたら、チャンスです!!(爆)

彼らのヒミツや戦略を知っている、私が直々に出向くのですから、もしかすると「イロイロと暴露」するかも知れませんよ(笑)

ぜひ、興味のある方はご参加ください。
(お問い合わせ、(株)建設システム・仙台営業所 022-298-8081


それと、もうひとつ「重要なお知らせ」があります・・。

続きを読む

solisoli at 07:33|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2012年05月16日

建設ブロガーの会2012のお知らせ

ちょっと早いのですが、例年、遠くからやってこられる方もいますので、航空チケットを安く買える2ケ月前に告知いたします。

2年に1度のペースで、建設系ブログを書いているブロガー達を集め「建設ブロガーの会(通称:建ブロ会)というのを開催しております。

建ブロ会とは、建設業で頑張っている人々にエネルギーを与えるという志を持つ仲間が集まり、意見交換を経ることにより、より良き情報のシェアをはかることを目的とした会です。

全国規模で行い、かつ、企業や団体などの組織に縛られず、手弁当で行う建設関係者の集まりは「他」には無いかも知れません。


ということで、東京・広島・北海道と開催してきた「当会」ですが、今年は「九州・大分」で開催いたします。

あ・・別に、開催地を大分にした理由は「温泉が目的だから・・」という事ではないですからね(笑)


そこで、九州開催に参加したいという人を募集したいと思います。

参加条件には、ブログ執筆の有無は関係ありません。

・建設業で頑張っている人々にエネルギーを与えたい。
・企業の壁にとらわれず、より良き情報を交換し、自己の技術を向上させたい。

という思いがあれば、どなたでも参加OKです。


日時 7月14日(土曜日)15時くらいから3時間程度
 
場所 大分市内(場所は未定、参加人数によって決定します)
 
終了後、懇親会を開催します。

また、翌日にでも希望者で「温泉ツアー」も行うかもしれません。
(やっぱり、温泉が目的じゃん・・・笑)
 

参加希望者は、準備の都合もありますので6月中旬頃までにメールをいただければと思います。

詳細が決まり次第、追って「ご連絡」を差し上げます。


ぜひ、多くの方の参加(特に九州の方)をお待ちしております。

メールの宛先 nikumaru17@gmail.com



solisoli at 07:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年09月29日

建設ブロガーの会(総評)

「コンクリートと人と土木遺産」
〜建設業にフロンティアスピリッツは必要です〜

というテーマで開催された建設ブロガーの会でしたが、小さな反省点こそありますが、結果的に大成功を収めたと思います。

北海道の開拓と、そこに携わった「土木技術者」、そして後世まで残る「土木施設」

これらは、今の「規格だけを満たす安いモノ」という風潮と反するものかもしれません。

しかし、100年以上を過ぎた今でも立派に活用されている「土木施設」ムダがあったのかは、現在その恩恵を受けている私達には感じません。

ただ、現存するものでも、当時はムダだと言われた施設も含まれているという事実があります。

ならば、今の「規格だけを満たす安いモノ」を、未来の人々がどのように評価していくのでしょうか・・・。


建設ブロガーの会に先立ち、岩見沢でセミナーが行われたのですが、そこで出されたキーワードが「国土学」というものです。

私たちが快適な生活を行うことができるのは、先祖が未開地を切り拓き、社会基盤を整備してくれたおかげあり、私たちも、未来に何かを残していかなければならないというのが「国土学」の根本らしいです。

過去の恩恵を受けながら、「公共事業」がムダだと言って未来へ投資しないのはおかしいですよね。

残念ながら、今の「ただ安ければ良い」という考えは、未来に何も残さないような気がします。


土木遺産見学を見ていくことで、建設に関する「今の施策」「マスコミの報道」に対し、さらに疑問を感じます。

更には、土木の世界的歴史を知ることが、尖閣問題を始めとする国家的問題を解決できるのです。
(これ、本当ですよ)

フロンティアスピリットは一般的に「開拓精神」などと訳されますが、「最新鋭を作る人」という意味にも「現場の最前線で働く、気骨のある人」という意味にも値します。

となれば、建設業に必要なことは「フロンティアスピリット」ですし、今の「元気の無い日本に必要なもの」は何か、という答えも見えてくる気がします。


ということで、札幌周辺で開催された「建設ブロガーの会」について、3回に分けて感想を書いてみました。

シンポジウムは時間が無く、今回のテーマと「国土学の啓発」を締めにするように画策したのですが、出来なかったのでココで発散しました(笑)

参加していただいた皆様、そして遠くから来ていただいた皆様、ありがとうございました。



solisoli at 07:44|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2010年09月28日

建設ブロガーの会(シンポジウム)

バスツアーの後は、札幌市民ホールでシンポジウムを開催いたしました。

今回は「私」の呼びかけで各地から集まっていただいた「にくまる派(勝手に命名・・笑)の面々を建設ブロガー達に初お披露目です。

ディスカッションでは、入札方式などについて激論が交わされそうでしたが、時間が無く不完全燃焼で終わった感じでした・・。

ただ、私としては「次世代の次」を見据えて行動している「にくまる派」強烈に印象付けできたと自負しています。
(まぁ、私は何もしていないのだが・・・笑)


時間が無かったため、決議次項などは懇親会以降となりましたが決議事項として、次回の開催は2年後に「九州・大分県」にて開催することを決定しました。
(興味のある方は、今から九州への旅費を貯めてくださいね・・笑)

それと、大事なお知らせなのですが、この「建設ブロガーの会」の新会長にが任命されました・・(笑)

また、副会長さんが山政睦美さんという大きく若返った(笑)新体制です。

正直、ポテンシャルの高い人たちが集まっている「建ブロ会」なので、若い私としては、取りまとめる自信が無く「固辞」したいところですが、肉丸&山政コンビ「人気・実力・実績」ともに会員の中で突出しているので、お受けするしかありませんね・・(爆)

まぁ、会長と言っても、特別何かをするわけではありませんが、建設ブロガーの会の「存在感」を示すことができれば良いなぁ・・などと考えております。

また、次回の大分での開催を成功させるという役目もあります。
(この辺りを画策しなければなぁ・・)

それを踏まえて、大分では今回初お披露目の「にくまる派」だけではなく、若手土木技術者の勉強会である「にくまる建設」のメンバーを参加させたいと思います・・。

経営者層主体の「にくまる派」だけではなく、従業員層主体の「にくまる建設」メンバーの参加は「新たな旋風」を巻き起こすかと思います(笑)

どちらにしても、既存の建設業から抜け出そうとする前向きな人達が私のところに集まり、大きな成果を上げはじめている、ということが印象付けられたのが個人的には良かったです。
(ただ・・・「にくまる派」はスケベ集団であることも印象付けてしまったが・・笑)



solisoli at 07:44|PermalinkComments(14)TrackBack(0)clip!

2010年09月27日

建設ブロガーの会(バスツアー)

先週末から札幌を中心として「建設ブロガーの会」を開催しておりました。

建設ブロガーの会とは、全国で建設系のブログを書いている人、かつ、情報共有できる人たちの集まりです。
(まぁ、この情報共有できる人というのがハードルが高いのですが・・・笑)

正体こそ明かしませんが、あっ!と驚く人や、おっ!と唸る人も参加されていたりします。

まぁ、基本は「楽しい」が優先でして、表立った活動もしてはいないのですが、ポテンシャルが非常に高い集まりであることは確かです。

私は「イザとなったら凄いことができる団体」であると思っています。

・・ということで、今週は札幌で開催された「建設ブロガーの会(通称 建ブロ会)について3回に分けて書いていこうと思います。


今回の開催テーマは「コンクリートと人と土木遺産」、サブテーマとして「建設業にフロンティアスピリッツは必要です」で臨みました。

私の担当は、ホスト役としてバスツアーでの「土木遺産の道路部門」についての説明です。

札幌〜小樽までの移動時間に

・北海道庁赤レンガと道路技術者の話

・測量ミスと宗教ミステリーでできた札幌の話

・札樽国道のヒミツ

という3つのお話をさせていただきました。

おかげさまで、時間を感じる間もなく小樽へ到着いたしました・・・。
(話が長くなり、スケジュールを崩すほどでした・・笑)

でも、「楽しい話でした」と多くの方からお褒めの言葉をいただいたので、「良し」としましょう(爆)

一般参加者を交えてのバスツアーでしたが、「ブログを読んでいます」とも言われ、ちょっと照れてしまいましたね・・・。

素人が企画したので「旅行代理店並」では無かったと思いますが、自分の予想よりは皆さん満足されていたように感じています。

また私自身も「土木遺産」という先人の労に触れ、感じることが多々ありました。

次につなげていきたいですね。



solisoli at 07:38|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント