北海道限定

2015年01月10日

大甞飴

私が岡山に行くときに「お土産」として持っていくのが谷田製菓の「日本一のきびだんご」です。

岡山の方にとても評判が良いです(笑)
(関連記事 http://nikumaru.livedoor.biz/archives/51306146.html

ちなみに、岡山県の蒜山高原SAでも売っているのを見ました。

道産子におなじみの「きびだんご」ですが、その谷田製菓さんが「冬季限定」で作っているのが「大甞飴」です。

大賞飴大正天皇の即位を記念して大正4年から販売されている道産子に「なじみ深い」飴です。

レトロなパッケージには「冬期菓子の王」と書かれていますが、低温で保存しないと融けてしまうため冬季限定で製造されています。

包装されたまま、ハンマーなどで割っていただきます。

大賞飴ぱっきんこゴマの味がおいしくて「懐かしい飴」ですよ。



solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年01月21日

ハニーミルク

昨年から「日本酒」にチャレンジしております。

えぇ、実は今まで「日本酒」が飲めない人だったのです・・・(笑)

昨晩は、生まれて初めて「熱燗」というのをいただきました(笑)

正直・・・まだまだです。
(辛口か甘口かもわからないレベル・・・)

お正月には、以前いただいた「どぶろく」というのにもチャレンジしております。
(もちろん合法モノですよ)

photo_6甘酒っぽくて好きですが、20日過ぎて、やっと一升瓶がカラになりそうなペースです(爆)

実は、私が小学生の時の話ですが、オヘソの周りに湿疹ができたことがあります。

病院に行ったら「急性アルコール中毒」と診断されました・・・。

その数日前に「鍋1杯の甘酒」を飲んでいたですねぇ。
(鍋で甘酒を作って、一人ですべて飲み干した・・)

ということで、日本酒はマダマダですが、甘酒はイケイケです(爆)

そんな私に「甘酒」のプレゼント。

ハニーミルク「べっかいの甘酒ハニーミルク」です。

別海の牛乳に釧路・福司酒造の酒粕、道産はちみつをブレンドしたドリンクです。

スッキリ、サッパリで、ほんのりと甘いのが良いです。

飲みすぎても湿疹は出ないみたいです(笑)



solisoli at 07:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2011年05月28日

タングロン

義援金をだまし取ったり、「放射能に効く」などという「謳い文句」で商品を売る・・・というような哀しいニュースが日々流れています。

「人の不安に便乗する商売」「不安を煽る商売」が大嫌いな私なのですが、人に言わせると「だから、私は商売がうまくいかない」そうです・・(笑)

まぁ・・確かに、自分自身の商売はうまく行っていないので、返す言葉もございません・・・(爆)

ただ、私のお客さんのほとんどが「商売がうまくいくようになった」のですから、このスタイルは崩したくないというのが本音かな・・。


おっと・・・、今日は「土曜日」

仕事の話は「無し」にして、北海道限定品の話を書きましょう。

北海道には、北海道限定の「飲み物」が数多くあります。

先日も北海道を訪れた友人に「カツゲン酎ハイ」を飲んでいただいたのですが、残念なことに「とても不評」でございました・・・(笑)

ならばっ!

芦別まで足を延ばし「タングロン」を味わっていただくことにしましたっ!

「タングロン」 は、富良野の隣町である芦別市で生産されている日本で唯一の昆布エキス酵素飲料で、地元では給食などにも出されているそうです。

タングロンカルシウムや食物繊維、鉄分やヨードを含んだ飲み物で、昆布エキスが入っているとはいえ、磯の香は全くしません。

まぁ、パッケージが「コンブ柄」なので、最初は躊躇するかもしれませんね(笑)

タングロン今回は、工場見学もさせていただき、パッケージのこだわりなどの話も聞かせていただきました。
(写真は、今まで発売されていた過去のパッケージ)

りんご果汁の「おいしい飲み物」に、カツゲン酎ハイで懲りた友人も満足されたみたいです。


日本で唯一の昆布エキス酵素飲料ヨウ素を含み、子供が飲みやすい飲み物となれば、「売り方」によっては大ブームになりそうなものですが・・。

社長さんの素朴な人柄と実直なお話からは、人の不安を煽って商売をするタイプでは無いことが伝わってくるのです。
(もちろん、私はそのような人が好きなのです)

単に流行や不安からではなく、多くの人が喜んで健康的に、おいしく飲んでもらえれば良いと思いますね。



solisoli at 08:28|PermalinkComments(9)TrackBack(0)clip!

2011年04月23日

ベイストリーススナッフルス

スナッフルスといえば「チーズオムレット」が有名な函館のケーキ屋さんです。

「チーズオムレット」は、いまや北海道の定番土産ですから、札幌駅や新千歳空港でも購入することができました。

聞く話によると、スナッフルスは、お土産用のチーズオムレットだけではなく、普通のケーキも美味しいらしい・・。

なんでも「ミルクレープ」がかなり美味しいという評判です。

しかし、札幌に住んでいる身としては、そう簡単にケーキを食べに函館までは行ってられません・・・。


でも、昨年、札幌にスナッフルス札幌大通店がオープンし、そんな「悩み」が解決したのでした。

特に、フロマージュやショコラなどのミルクレープは札幌大通店限定ということですから、全種コンプリートしないわけにはいきませんよね(笑)


しかし、どれもおいしそう・・・。

ミルクレープとショコラ店頭で迷ってしまい、結局は店員のお姉さんにおススメを選んでもらいました(笑)


イートインでたいらげた後、再度、店頭に戻り、お土産用にキャラメルキャッチケーキも購入。

キャラメルキャッチケーキこれも、チーズオムレットと同じように、スプーンやフォークを使わず、手づかみで食べるのが「お作法」なのですよ・・(?)




ベイストリーススナッフルス札幌大通店

札幌市中央区大通西3丁目 大通BISSE1階



solisoli at 15:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年04月16日

北海道の屋根

北海道の家で、「瓦」というのはほとんど見かけません。

市街地では、屋根の形状も切り妻や寄棟ではなく「まっ平ら」が多かったりします。

道外の人が札幌の住宅街を見て「サイコロが並んでいる」と表現したことがありますが、言いえて妙だと思いました。

なぜかというと、「雪対策」のためです。

傾斜のついた屋根は、落雪があり「その処理」も大変なのです。

雪が屋根から落ちて人にぶつかっては大変ですし、隣家に雪がぶつかることもあります。

そのため、無落雪屋根と言う、屋根を平らにし、雪を屋根の上に載せたままにしておく住宅が多いのです。
(屋根にダクト排水がついていて太陽熱と住宅の熱で融けた雪を排水します)

「我が家」も、このダクト方式の家です。

我が家では、この平らな屋根を利用してソーラーパネルを設置しています。

三角などの形状の屋根より、平らな屋根の方が、太陽に面した部分が多く、ソーラーパネルの設置数も多くできるという利点もあります。

しかし、北海道での「ソーラー発電」は大きなハンディがあります。

それは、やはり「雪」です。

施工前屋根に雪を積もらせるのですから、当然、ソーラーパネルにも雪が積もります。

12月〜3月までは、ほとんど発電はしません・・・。

施工中ちなみに「ケチくさい私」は、暖かくなりかけた3月に屋根の雪を除雪し、ソーラーパネルを掘り起こしました(笑)
(写真は除雪前と除雪中と完了)


完了結構な重労働ですし、無落雪の意味があるかどうか疑問でもあります・・・(爆)

先日は、雪で汚れたソーラーパネルの清掃もしました。


ちょっとは、電力需要に貢献できるかな・・。



solisoli at 11:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年04月09日

ゴミステーション

土曜日や祝日などは「仕事以外の話」を書いていましたが、特に「食べ物ネタ」が多かったと思います。

震災の発生により、不自由な生活を強いられている人たちがいる中、「食べ物ネタ」を書くことを自粛し、土曜日の更新を休止しておりました。

まだ「食べ物ネタ」に関して書く気にならない私ですが、少しずつ土曜日の更新を再開していきたいと思います。
(以下からの話は、震災前に書き溜めたネタの中から選んだものです)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

札幌生まれ札幌育ちで、かなり「標準語」に近いという自負がある私です・・・(笑)

北海道以外で仕事をすることが多く、「言葉」には結構気を使っている・・つもりです。

内地(笑)では「言っちゃいけない禁句」もあるらしいので特に注意しています。

それでも、ところどころに「道産子らしさ」が出るみたいです。


軟弱地盤の工事で近所の家が「かしがって」しまい・・・

一斗缶などの「がんがん」に廃油を入れて・・・

このような手順で行うと仕事が「はかいきます」よね・・・


・・などと言うと、セミナー会場が一斉にキョトンとした空気になります(笑)

まぁ、これらの言葉は、自分でも「北海道弁」を言ってしまったと認識できますから、周囲の「キョトン具合」の空気を感じても平気です(笑)


ところが。

社会貢献としてゴミステーションの掃除や・・・

と言ったときに「キョトン」という空気が部屋に充満しました・・・。


「ステーション」は英語、「ゴミ」は日本語です。

和製英語ですから、外国人には通じないとは思ったのですが、同じ日本人に通じないわけはありません。

不思議に思いながら、そのまま話を進めていきました。


・・で、後で「ゴミステーション」が北海道でしか使っていない言葉だと知りました(汗)

だって、札幌では普通に表示されていますよ!

ゴミステーションちなみに、他の地方では「ゴミステーション」のことは何ていうのでしょうかね?

「ゴミ置き場」「ゴミ捨て場」「家庭ごみ集積場」っていうのも・・・変な気がするのと道産子だからでしょうか?



solisoli at 10:11|PermalinkComments(8)TrackBack(1)clip!

2011年02月26日

コーヒートースト

北海道は、一般的に市販されているパン独自文化があります。

例えば、食パンのことを「角食(かくしょく)」と言うというのは割と有名な話。

他にも、甘納豆が入った「豆パン」や羊羹をコーティングした「ようかんパン」などなど・・。

そのような北海道のパンを代表するメーカーが日糧製パンさん。

今のようにコンビニが無い時代は、商店で買う「日糧パンのサンドイッチ」が大好きだった私です。
(3色サンドでは無く、多分サラダサンドという名前?)

特にグリーンピースが丸ごと入っているポテトサラダが好きで、1つのサンドイッチにグリーンピースが何個入っているか調べたほどです(笑)

その後、グリーンピースが半分にカットされたタイプになった時はショックでしたね。

マーガリントースト今でも日糧パンの「マーガリントースト」は店で見かけるたびに買ってしまいます。
(シャリシャリの食感が良いです)

写真は、左が「ようかんパン」、右が「マーガリントースト」

そんな日糧のパンに昔懐かしい味が復活しました。

「コーヒートースト」という「マーガリントースト」の姉妹品です。

コーヒートースト柔らかいパンとシャリシャリの食感は絶妙で、味はノスタルジックです。

店頭で見つけて即買いしちゃいました・・・。



solisoli at 07:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2010年04月10日

日清 北の焼そば

北海道限定の「カップ焼きそば」は多いですが、3月に発売されたのが「日清 北の焼そば」シリーズです。

北海道限定では無く「北海道専用」の焼きそばです。

北海道らしく、日本ハム製ウインナーを入れた「ウインナー入りソース味」と大通公園名物の焼とうきびを彷彿させる「焼とうきび風しょうゆ味」の2種類が発売されています。

焼きそば「焼とうきび風しょうゆ味」を最初に食べた時はイマイチでしたが、私の数度にわたる実験の結果、お湯を入れて2分半程度の「固め」で、かつ、「お湯」をシッカリと捨て水分を少なくすることで「焼きとうきび」の風味が出ることが判明しました(爆)
(個人差はあるでしょうが・・・笑)

日本ハムファイターズとのタイアップ商品ということで、特製シールが入っていたり稲葉選手がCMに起用されたりしています。

CMでは稲葉選手が、とうきびやウインナーのマイクでインタビューされるのですが、普通のマイクで良いので、早くヒーローインタビューされてください・・・。



solisoli at 05:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年02月06日

あんかけ風やきそば弁当

あんかけ2月1日から新発売された北海道限定「あんかけ風やきそば弁当」を購入しました。

これは調理するカップ麺です。

正直、我が家では3回目にして初めて調理に成功しました!!(笑)

まず1回目

オーソドックスなカップやきぞばと同じように、湯切り後に餡を混ぜる・・・・。
(まぁ、お決まりの失敗パターンです・・・笑)

2回目

目測でお湯を足し、餡を作る。

なんか、ベチョベチョして・・・あまり、おいしくない・・・・。

3回目

同じく目測でお湯を足す(しっかりと下線部まで)

その後、餡を入れ徹底的に混ぜる混ぜる混ぜる・・・・・。

おおおおっ。

完成しっかりと餡になりました。

「あんかけ焼きそばだ!!」・・・と感動します(笑)

良く混ぜることがコツですね。

めんは太めで、餡の具は少なめですが「きくらげ」が良いですね。

さて、4回目は継ぎ足しのお湯は計量し、別に餡を作って最後に混ぜてみようと思います(笑)

 



solisoli at 05:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2009年11月28日

かすべ

かすべとは「エイ」のことです。

かすべかすべの種類によって、本かすべ、真かすべ、水かすべと呼ばれますが、一般的に「真かすべ」を食べることが多いですね。
(居酒屋などでは真かすべがほとんどです)

北海道以外では、東北地方の日本海側で食べられているみたいですが、干物にしてから煮付けるらしいです。

北海道は干物ではなく、新鮮なまま煮付けて食べることが多いです。

私は、ヒレ部分の軟骨がコリコリしていて苦手でした・・・。

しかし、歳を取ると「あの食感」が懐かしくなったりします(笑)

このカスベを煮付けて、一晩ほど置くと、ゼラチン質の「煮こごり」ができます。

煮こごりこの「煮こごり」も苦手だったのですが、やはり歳を取ると食べたくなるものです・・・。

歳を取るとコラーゲンが不足するので、自然と補おうとするのかなぁ・・・(笑)



solisoli at 05:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント