仕事向上?

2016年12月26日

相手のニーズ

お手伝いしている建設現場で、高校生を相手にした「現場見学会」を実施しました。

事前に相談を受けていて、高校生に「土木」について興味を持ってもらえるような内容を一緒に考えていました。

イベント終了後にいただいた高校生からの感想文も見せていただきましたが、とても「好評」のようで「自分も建設業の道に進んでも良いと思った」などの意見が現場担当者たちを喜ばせています。

また発注者側からも「魂・気持ちのこもった」イベントで「熱くなるものがあった」と言っていただいたようです。

正直なところ、それを「狙って」企画内容でしたから私も「してやったり」ニンマリしてしまいます(笑)

それらの報告と写真が現場から送られてきたわけですが、写真を見て「愕然」としてしまいました・・。

「この写真は報告写真として使えないじゃないか!!」と・・・。
続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月21日

時間に余裕

私は、どちらかというと「思い立ったら吉日」直感的に即時実行するタイプではありますが、同時にタイムスケジュールを頭の中で計算し「余裕」を考えて「時間的な保険」があることで「安心」するタイプでもあります。

多分「工程管理」「原価管理」を行う中で、培われた性格なのかもしれませんね(笑)

段取り八分と言いますが、私は「期限のあるもの」に対しては、必ずそれよりも短い「自分の期限」を決めて段取りをしていきます。

すると「心にゆとり」ができますし、何かトラブルが発生しても余裕がある対処ができます。

当然トラブルが無ければ「効率の良い仕事」になっていますから「利益」にも繋がるわけです。

ただし、物事には「相手」がいるわけで、いかに能動的「自分の期限」に導いていくかがコツになると思います。
(相手の都合を待つのではなく、提案していくのが大事ですね)

さて、そんな私は年末になりアレやらコレやら、やらなければならないことが山盛りです(汗)
続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月16日

甘雨

近くに行ったついで(と言っても電車で1時間以上だが・・笑)に知っている現場を訪問しました。

設計に問題があり、段取りや調整などが大変な現場で、たまに「グチメール」が届いている現場です(笑)

私にグチを言うことで少しでもストレスが緩和されるのなら、それも良いでしょう。

その日は「雨」だったこともあり、現場作業も少なったようで現場事務所でタップリとお話しをいたしました。

たまたまタイムリーな質問があり、ちょっとした「講習会」まで行うことに(笑)

せっかくなので、近隣の「弟子達」にも電話して呼び寄せることにしました。

雨ということもあったのかもしれませんが、突然の連絡でも「すぐに」集まってきました!
(と言っても3名ですが・・)
続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2016年12月06日

クチが上手い?

皆さんご存知のように私は外見は良くありません。

しかし、最近の私は意外と女性にモテるのですよ(おいっ!)

友人に言わせると「クチが上手いから」だそうです・・・。
(ちょっと失礼ですよね・・爆)

さて、私は「言葉を伝える」のはクチが上手とか文章力の問題だけではないと考えています。

背景にある「人間性」を伝えることが重要と考えています。

実際、初めて出会う人に「工事評価点が向上するノウハウ」を言葉や文章で伝えてもあまり結果に繋がりません。

逆に私の人間性を知る人「ヒントだけ」を伝えるだけで結果を出してくれます。

つまり「表面上のやりとり」をいくら行っても、相手の意識の中に少しでも疑問などのネガティブイメージがあると情報の伝達が半減し、逆に「共感や感情」が互いに繋がると情報が100%以上伝わるということでしょうね。
続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2016年11月29日

逃げ恥と労働対価

本日は火曜日ということで・・・「逃げ恥」の日ですね(笑)
(今回はドラマを見ていない人にはわからない内容ですw)

ガッキーが可愛いとか、石田ゆり子が美しいとか、やっぱりマノちゃんが良いなぁ〜とか、そういう目線だけで見ているわけではありません。
(95%くらいですが・・)

主婦業も労働ですから「対価」も発生するわけですし、その中でヤリガイや向上を目指す姿があるわけです。
(お味噌汁など料理の手間などが向上していますよね)

しかし、労働に対する「対価」が見合っているかと自分の身で考えて見ると「不満」を感じる人もいるでしょうね・・。

ドラマの6話での「山さん(マスター)」の言葉がそれを表しています。

人間は悲しいかな見返りが欲しくなってしまう生き物なんだよ。
特に恋愛に関しては・・。
自分が相手にかけた愛情と同等の愛情が返って来ないと人は不安になる。
愛情がもらえなくても同等の見返りがあれば納得できることもある、お金だとか生活の安定だとか。
でもね、想いが強いほど次第に耐えられなくなるんだ・・。
俺ばっかり、私ばっかりが積もりに積もって関係は終わりを迎える・・(涙)
続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2016年11月25日

忙しいけれど楽しい

ここ2ケ月ほど休みがないほど「忙しい」状況だったのですが、やっと落ち着きました。

しばらく放っていた「プライベート」片づけなどもやっと手を付けられそうです。

ちなみに「忙しい」と言っても時間的な「スケジュール」が詰まっていただけです。

中身は自分の好きなことをやっているだけですから「大変」とは感じません。(出張が多くて、体重が増えたくらい・・おいっ!)

それにしても、今回は「数億」の現場なのに会社の体制が悪く「技術者一人」で切り盛りしているとか、どう考えても「工期内に終わらせるのが無理な現場」など「問題のある現場」を多く見てきました。

そのような現場を訪問し、最初は「暗い顔」をしていた人が、私と話をしていくうちに「明るい顔」に変わっていってくれるのが楽しいです。(私のやりがいですね)
続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月22日

WS報告は熱いうちに

昨日は、今までいろいろなことにチャレンジしてきたが、最近ちょっと「手詰まり気味」という建設現場を訪問し「ワークショップ」を行いました。

朝から行っていましたが「え?・・もう帰る時間?・・」と言われるほど「充実した時間」だったようです。

担当者から現地状況などを聞き取りしながら、多くのアイデアやカイゼン案が出されました。

今回の「決定事項」「魅せる化」で進むべき方向が見えてきた、また「高い目標」も達成できる気がしてきた・・とのこと。
(地整最高の86点が目標です)

とは言え、私はノープラン「流れに任せて」の進行で、自分自身で何を言ったか覚えていません(おいっ!)

私の「思い付き」を一生懸命にメモしていたようなので、後々「報告」してくださいとお願いしています・・(汗)

でも、報告書を作ることで「再認識」してもらう狙いがあるのですよ。

今回は私の進行方法を知っている会社で、事前に準備をしていたため「メモ」というカタチでも良かったわけですが・・。続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年09月16日

承認欲求を満たす

ドライブ中に片側交互通行規制で施工している道路工事現場を通りかかりました。

私の前のクルマが誘導員さんに止められたのですが、男性の運転手さんが何か誘導員さんに大声で文句を言いだしました。

私が見ていた感じでは誘導員さんに非が無いと思うのですが、その運転手さんは気に入らないことがあるのでしょうね。

クルマを見ると高齢運転者標識(通称もみじマーク)が貼っているので70歳以上のようです。

エキサイトした運転手さんがドアを開けて降りたころ、別の誘導員さんが来て、運転手さんをなだめながら説明し始めました。

どのような話をしたか分かりませんが、運転手さんも納得したようで見ていた私も安心したのですが・・・。
続きを読む

solisoli at 09:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年09月07日

受忍限度

地域住民からの「苦情について」悩んでいる建設現場があります。

もちろん、住民も悩んでいるから「苦情」になっているわけですが、いつの間にか「感情論」になっているようで、収拾がつかなくなってきているようです。

話を聞くと「感情論」になった原因は「以前の工事」から始まっているそうで・・。

あまりにも感情的なため、このままでは「受忍限度」の話になってしまうでしょう。

私達が社会生活する以上、騒音や震動が発生します。

つまり、被害者であり加害者でもあるわけで、一般的な「範囲」であれば受忍されるわけです。

問題は、この「範囲」なわけですが・・・。
続きを読む

solisoli at 08:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年08月24日

ライバルの写真

私と契約していただいている建設会社さんから、自分の担当している「工事現場」について、相談や連絡をいただくのですが、先日は他社が行っている「近隣の現場」について、写真付きで「報告」をいただきました。

私は「このような報告」「大好物」です(笑)

また、その会社にとっても、ライバルが「どのようなことを行っているか」を知ることは大事ですよね。

例えば、私は総合評価で「受注できなかった案件」についても、施工状況を調べて教えてくださいとお願いしています。

まず、課題が分かっていますから、ライバルの取り組みを知ることで「今後」に繋がります。

何より、社内であれば「指示代名詞」(あれ・これ・それ)でも伝わることがありますが、私に報告するには「相手の理解」を考えて、資料や写真を用意しなければなりません。

すると「それだけ」で、自身の理解力が高まるわけですから、成績や受注が伸びるのは当然ですよね。
続きを読む

solisoli at 08:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント