仕事向上?

2018年06月05日

日本一でも過程でしかない

どちらかというと「ネガティブ思考」で、できることよりも「できないこと」を先に考えていた人がいます。

さらに「伝達力」「アピール力も低く、自分の考えを相手に「端的に伝えること」が苦手なようでした。

そのため、ポジティブ思考とプレゼンテーション能力を向上させようと、私も「いろいろと画策」し、事あるたびに「ダメ出し」と修正を行ってきました。

しかし、不得意なことを「改善」するのは時間が掛かりますよね。

元々「アイデアマン」でしたから、同時に「得意なこと(好きなこと)」を仕事に取り入れてもらうようにしました。

すると少しずつですが「結果」となっていき、得意な部分を伸ばし、それを多くの人に知ってもらいたいとプレゼン能力も向上してきました。

ちょっと「得意なこと」にのめり込みすぎて、社長さんからストップを掛けられたこともありますが・・(笑)

そして今回「得意なことを仕事に活用した結果」を取りまとめプレゼンしたところ、多くの人に認めらました。
(なんと日本一らしい・・笑)

喜ばしいことではありますが、まだまだです。

プレゼンの中身はワンパターンで、私が何年か前に作ってあげたものに「肉付け」しただけですからね。
(私のプレゼン手法が認められただけです・・おいっ!・・笑)

何より「目的」は別のもので、その目的達成の過程を評価されただけのことです。

私が冷たいのは「期待している」からです、次も頑張ろう!!


solisoli at 07:30|PermalinkComments(2)clip!

2018年05月16日

努力する人・怠ける人

世の中の「理不尽」に対して立ち向かっていると思っているのか、何に対しても不満や愚痴を言う人がいます。

建設会社の中にも「政治や制度が悪い」などという人がいますよね。

私は「なるべく」世の中に対して(思っていても)不満やグチを言わないようにしています。

以前の私は「やらない理由」「できない理屈」を言うことが「得意」でした。

表面上は「問題や不満があるからできない」と言っていますが、中身は「自分が怠けたいから不満を見つける」ことをしていたわけです。
(それも自分で自覚していないから質が悪い・・)

自分自身が経験していますから、今は話や態度で「この人は怠ける人だ」と感じることができますね。

現在の私は、会社や現場を訪問した際は「意識して未来を語る」ことをしています。

それも5年後、10年後の「明るい未来」想像してもらうようにしています。

すると、そのために「今やるべきこと」が分かりますからね。

努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る(by井上靖)


solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)clip!

2018年04月09日

思いの詰めた写真

クライアント様から年度末に完了した工事の「評価点」報告が届き始めています。

どこも「高評価」をいただいているようで、私も嬉しいです。

昨年、当ブログで「かなり期待できる成果が出せそう」と書いた若手技術者さんの現場からも評価点の報告が届きました。

ブログ内では「おもしろい取り組みができそう」としか書いていませんでしたが、実は、担当者さんから「この現場ではコンクリートにこだわりたい」という話があり、コンクリートの品質・出来映えについての取り組みを話し合っていたのでした。

その成果が「高い評価点」(管内トップかもしれない)に繋がりました・・とのことです。

そして「現場の思いの詰まった写真を見て下さい」とデータをいただきました。

自分自身で「思いを詰めた」と言えるのが素晴らしいです。

実際「写真データ」を見ても「ポイント」キッチリと抑えていて、工夫などのアピールもできています。

何より私が何気なく話した「小ネタ」も実行してくれています(笑)

ぜひ今後も「思いを詰めた」と言える「素晴らしい現場」を続けてくださいね。


solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)clip!

2018年04月06日

異例の昇進?

私とを持ったり、私から影響を受けたという人が「成功」「幸せ」を得ることは、私が何よりも「喜び」を感じることです。

今から8年前の話・・。

「ウチの会社の上司達は危機感もなく動かない!」と私にグチのメールを送ってくれた人がいました。

「上司はともかくキミ自身は会社のために何か動いているの?」と聞くと、「自分は会社で一番下っ端なので何もできない」との返答がきて、私の感情に火を付けました(爆)

それは「やらない理由(理屈)を言っているだけで、どのような立場でもできることはある!」と伝え、書類作成から心構えまで「私の厳しい指導」(笑)を受けることになりました。

指導内容については、私が「セミナーネタ」にしていますので「聞いたことある」という人も多いかもしれません。

その成果は、発注者から「こんな点数を初めて付けた」と言われるほどの評価となり、その後も成長を続けてくれていました。

その「下っ端」だった彼が、4月付けで会社の取締役に昇進したそうです。

異例の昇進かもしれませんが、それだけ今までの実績が認められたということです。

8年前の「グチ」を忘れず、反面教師として、従業員やその家族が幸せを感じられる良い建設会社にしてくださいね。


solisoli at 07:30|PermalinkComments(8)clip!

2018年02月02日

面倒が大事

嫌いな食べ物は「先に食べる派」ですが、嫌な仕事は「後回し派」な私です(笑)

例えば、普段から「経理事務」を後回ししているため、2月は確定申告の準備に費やす時間が多いです・・。

地味な作業は面倒と感じることが多いわけですが、「面倒だなぁ〜・・」と思うと、知らぬ間にネットサーフィンなど「逃避」してしまいます(爆)

さて、宮崎駿監督の作品といえば風景描写など「細かなこだわり」を感じますが、監督は「面倒くさい」と口にしながら描いているそうです。

「面倒くさいっていう、自分の気持ちとの戦いなんだよ。 世の中の大事なことって、たいがい面倒くさい」

という監督の言葉は、今の私の心に響きます。

基礎となるものは大概面倒なことで、でも基礎がシッカリしていなければ、良いものはできないわけです。

面倒だとグチを言うのも「ストレス解消」なのでしょうね。

私も「逃避」せずに面倒に立ち向かわなければ!!

そういえば、宮崎監督と並び「繊細な風景描写」が素晴らしい新海誠監督の絵コンテなどが札幌で展示されています。

まだ観に行ってないので早速行こうかな。
(やっぱり逃避するのかいっ!)


solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)clip!

2018年02月01日

仕事の悩み

毎月1日は「メールマガジン」を発刊しているのですが、メルマガネタの作成にエネルギーを費やしてしまい、ブログのネタがなかなか浮かびません(おいっ!)

このようなときは、いただいた「メール」を見て「ネタ」を探します(笑)

1月のメールはクライアントさんからは、進行中の現場のイメージアップや創意工夫などの相談と来期に向けた受注相談が多く、忙しいながらも「順風満帆」という感じです。

一方、読者さんからいただく「メール」は、ちょっと違いました。

新年を迎えたということで、自分を見つめなおすことが多かったのか「会社の将来」「自分の働き方」について、相談や連絡が多かったです。

「給料」「業績」については「自分も努力」すると変えることができるかもしれませんが、経営など「自分だけではどうにもならないこと」についての「悩み」が多かったです。

働き方については「残業について」が多く、世間が「職場環境改善」に取り組む中で建設業や会社の取り組みの遅れに焦りや懸念を感じているようです。
(i-conでさらに残業が増えた・・など)

クライアントさんに対しては「私も一緒に取り組む」ことができますが、読者さんに対しては「話を聞く」だけになってしまいます。

しかし、決して一人で抱え込まず、誰かに「話す」ことで悩みをポジティブに捉えることができるようになるかもしれません。

今後とも、よろしくお願いします。
(私のネタのためにも・・おいっ!)



solisoli at 08:06|PermalinkComments(0)clip!

2017年12月18日

ランチ会

忘年会シーズン真っただ中ですね。

先週末、久々にススキノに出ましたが、とても賑わっていました。

しかし、何とか「年内に工事を完了させたい」という現場もあるでしょうから、忘年会どころではないかもしれませんね。

ある道路工事現場も竣工検査の日程が年末に決まり「忘年会どころじゃない」という雰囲気でした。

しかし、社長さんは「1年の慰労をしたい」と考えているようで、夜がダメなら「昼」に慰労しようと「ランチ会」を企画したそうです。

社長さんが各現場に行き、一緒に昼飯を食べ、コミュニケーションを活性化させようということです。

これなら就業時間内で行うことができ現場の負担も少ないです。
続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)clip!

2017年12月12日

作業興奮

工事書類を効率的に作成するには・・などと話をすることが多い私ですが、私は切羽詰まってから行動するタイプです(おいっ!)

特に「いつでもできる」などと考えているものは後回しにしがちですね。

すると、いつの間にか「やらなければならないこと」が溜まってしまい焦ってしまいます・・。

さて、ある書類を頼まれているのですが、そろそろ手を付けなくてはならなくなってきました。

それでも、まだ時間的余裕があるため、1日のノルマを決め、3日くらいかけて少しずつ作成していこうと予定を組み、重い腰を上げました。

ところが、やり始めたら「没頭」してしまい、時間を忘れてしまうくらい集中し「途中で止める」ことができなくなっちゃいました。

気づいたら、1日で完成・・。
(2日分儲けた・・笑)
続きを読む

solisoli at 09:21|PermalinkComments(0)clip!

2017年12月11日

知識ではなく知恵

ある建設会社に行き話をしている最中、現場にいる若手社員さんから「構造物を設置する位置がどこなのか」と電話が来ました。

担当部長さんは図面が頭に入ってるようで、何も見ずに「■■から〇m〇cmの位置だ」などと説明しています。

黙って聞いていましたが、正直なところ「この会話」驚いていました。

私たち世代は、図面や数量を頭にインプットしているのは至極当然のことです(笑)

もちろん「全て」はムリですが、今日行う作業については「頭」に入れていましたし、覚えられない複雑な数値も、野帳に数値やポンチ絵などを事前に書いて準備していたものです。

驚いたのは、現場にいる若手社員が今日の作業、それも基本ともいえる「構造物の設置位置」を把握していないことです。

今は便利なアプリなどもあり、頭にインプットするまでもなく「効率化」できていますが、その便利に甘えて「事前準備」をしていないようです。
続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(2)clip!

2017年11月15日

言葉の意図

基本的に私は「性善説派」で、他人を信用するほうが自分が楽しくなると考えています。

さて、竣工検査で検査員さんに「嫌味」を言われたという報告がありました。

何でも「工事写真が悪い」と言う意味らしいのですが、漠然としていますから、具体的に「何が悪い」かわからないため是正もできないようです。

そのため「あの検査員はいつも曖昧だが、今回は虫の居所でも悪かったのだろう」・・と結論付けていました。

そのようにネガティブに考えず、検査員さんが「善の気持ち」で言ってくれたと信じて「言葉の意図」を読み取ってみましょう。

検査員さんは、良いところを見つけて評価したいと思っているのに、ポイントが絞れないと言いたいのではないでしょうか。

実際に工事写真一式を見せてもらうと・・。
続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)clip!
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント