土木のことなど

2018年10月02日

赤谷川流域を行く

記録的な暴風となった台風24号が過ぎ去りましたが、後を追いかけるように台風25号が向かってきており警戒が必要ですね。

実は先週は九州北部豪雨で大きな被害を受けた朝倉市にいたため、台風の動向に注意しておりました。

昨年の7月に福岡県や佐賀県、大分県など九州北部を襲った集中豪雨は記憶に新しいです。

私は筑後川下流域などの状況は見ていたのですが、今回は一番人的被害が多かった赤谷川流域周辺を視察させていただきました。

ここは福岡県に代わり国直轄で復旧工事が進められており、強靭ワイヤーネッブロック堰堤など土砂や流木から地域を守るための対策が行われ「本復旧」に向かっています。

しかし、まだまだ被害の傷跡が随所で見られ、その被害の大きさに声も出ませんでした。
(写真もあまり撮れなかったです・・)

そのような中で「地元を守る使命」を果たすため尽力されている建設会社や国や自治体の姿も見ることができました。

来週は「胆振東部地震」の状況視察にも行くのですが、日本に住む限り、今後も自然災害の発生が避けられません。

災害の悲惨さだけではなく、簡単に災害に屈せず、地域社会を維持するために力を発揮している人達が存在することをもっと多くの人に知っていただきたいと改めて思いました。


solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)clip!

2018年07月16日

中州のハートストーン

中州那珂川月曜日から「お酒の話」をするのもどうかと思いますが、最近の私は地元の「すすきの」より博多の「中州」で飲んでいることの方が多いです(笑)

昨日は777年目となる「博多祇園山笠」「追い山笠」でしたから、とても盛り上がったことでしょう。

さて、長崎の観光名所である「眼鏡橋」近くの護岸ブロックに「ハート形の石」があり、恋が叶うパワースポットとして女性に人気です。

多分、工事を行った際に「遊び心」で作られたものだと思います。

実は、私が大好きな「中州」にも「ハート形の護岸ブロック」があります!

ハートストーンこれも工事での「遊び心」ですね。

ネットで調べましたが、誰も気づいていないようで、当ブログが「初紹介」かもしれません(笑)

ちなみに今や北海道を代表する観光名所となった「青い池」も有名になる前に当ブログで紹介していましたから、ここも「有名」になるかもしれませんよ(笑)

ぜひ中州の那珂川沿いを探して、恋を叶えてくださいね。

あ、私は博多祇園山笠の伝統にのっとり「女人断ち」をしておりましたので、ハートストーンを見つけても「恋が叶う」かどうかは知りませんけどね(おいっ!)


solisoli at 07:30|PermalinkComments(4)clip!

2018年06月19日

大阪北部地震で思う

大阪北部地震で被害にあわれた皆様へお見舞い申し上げます。

私事ですが、関西に住む友人のことを心配しましたが、大きな被害もなさそうで安心しました。

また、私が各地に出張していることを知っている人から「現在どこですか?」というご心配のメールもいただきました。
(ご心配おかけして申し訳ないです、北海道にいました)

しかし、地元以外の場所で「地震」など災害が発生した場合、臨機な対応が取れるか不安ですね。

さて、報道で「倒壊したブロック」を見ましたが、鉄筋や控え壁などに課題があるかもしれません。
(実際に見ているわけではないので、仮定の話です)

地震によるブロック塀の倒壊は「とても多い」のが現状で、普段「表側」から見る分には耐震化されているか分かりません。

というか、10年前に施工されたブロック塀は「危ない」可能性が高いと(個人的にですが)感じています。
(30年以上前の施工なら確実に危ないです)

悲惨な災害を防ぐためにも「ブロック塀」の点検・補強をお願いします。
(お近くの建設会社に相談していただけると良いと思います)




solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)clip!

2017年11月21日

当たり前?

先日まで「暑い」と感じていたのに全国的に一気に寒くなりましたね。

私の住む札幌は30cm近く雪が降りました。

ウチは家庭用の除雪機があるのですが、冬に備えて「整備中」だったため今回の雪に対応できませんでした。

まだ腰椎骨折が完治していないので「雪かき」は、かなり大変でした(汗)

我が家は除雪機の対応が遅れましたが、札幌市の車道は翌日には「除雪」がされて走りやすくなりました。

でも、実は「これ」は大変なことなのですよ。

続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)clip!

2017年06月23日

日勝峠の熊

北海道で「大きな熊」と言えば、白老のドライブインの熊三毛別の羆事件復元跡地の熊、そして日勝峠のドライブインの熊だと勝手に思っています。

あ、本物の熊ではなく「オブジェ」としての「熊」のことですよ(笑)

夜中に日勝峠を走っていて、日勝峠のドライブインの熊がヘッドライトに浮かび上がるとドキッとしましたね。

しかし、高速道路の開通で私は日勝峠を通行することが無くなり、しばらく見ることはありませんでした。

その「日勝峠」ですが、昨年の台風10号の被害により未だに「通行止」になっています。

全国の人にはジャガイモなど農作物の被害は知られていますが、日勝峠などの道路被災状況はあまり報道されていないようで知る人は少ないように感じています。
(写真は帯広開発建設部より)
s-ctll1r0000001v9es-ctll1r0000001v6o






今秋に開通予定と言われていますが、復旧工事に対応している人たちも疲弊していると思い、応援に行ってきました。
続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年08月12日

町の秘密

どの町にも、その町が出来上がっていく「過程」があります。

そこには「理由」「秘密」が隠れていているわけですが、土木に携わる者として、先人の「街づくり」を探し、見つけ、残すということは大切なことと考えています。

そこで、私が所属するNPOの仲間たちと地元である「札幌」の成り立ちについて「学ぶ」ことを行いました。

と言っても、「なぜ札幌は、わずか150年という短い期間で、急速に発展したか」というNHKの「ブラタモリ」という番組のトレースをしただけですが・・(笑)

しかし番組では語られていない「史実」を掘り下げたり「異論」なども交えて勉強をいたしました。
続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年11月18日

尊い仕事

毎年書いていますが、今日11月18日は「土木の日」です。

世界で初めての土木事業というのはムズカシイですが、中国四川省の都江堰(とこうえん)が世界遺産になっています。

紀元前3世紀という昔に作られた巨大水利施設ですが、2300年後の現在も使用されているという素晴らしい土木施設です。

日本で初めての本格的な「土木事業」堀江の開削と茨田堤(まんだのつつみ)の築造と言われています。

仁徳天皇の時代ですから、当時としては「大事業」だったと思います。

その土木事業の恩恵は、豊臣秀吉が「文禄堤」を築造するまでの千年の間、河内の農業を支えていたと思います。

現在も茨田堤の一部が門真市宮野町の堤根神社に残っているそうですよ。
続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年04月23日

四ツ目川遊砂工

どこかに行っても「タダでは帰ってこない」私です(笑)

今回の名古屋出張では、岐阜県中津川市の「四ツ目川遊砂工」を見学させていただきました!
(ホント、土木バカですねぇ〜・・笑)

その前に、平成39年に開業するリニア中央新幹線の岐阜県駅と中部総合車両基地が中津川にできるということで、まずは「予定地」を見学。

昨年は長野駅予定地も見てきましたが、アクセス方法も含め、地元建設会社の役割が大きいことを感じますね。

さて、本題の「四ツ目川遊砂工」ですが、想像していたより「広大」でした。

ちなみに、「四ツ目川遊砂工」とは、中津川市街地を流れる四ツ目川上流に造られた、砂防えん堤と導流堤、12基の床固工群で構成され、土砂約20万立方メートルを貯めることができる施設です。

キャプチャこれは、過去に中津川市街地を襲った「大規模土石流」と同等の量で、この施設の完成により市民の安全が守られているわけです。

導流堤は現地から発生した巨石を利用して積み上げているなど、経済性と自然景観を考えて造られています。

さらに、地域の子供たちに「土石流」などについての知識を学ぶことができる場になっています。
(写真はパネル展示より)

続きを読む

solisoli at 08:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年04月08日

釜石港口防波堤2

釜石港の湾口防波堤の復旧工事の見学記録2回目です。
(1回目はコチラ

現在は捨石マウンドの整地・締固めを行っていますが、一番驚いたのは「施工精度」ですね。

見えない海底部分でも陸上の土工と変わらない、高い精度で仕上げられていました。

IT技術も使われていますが、オペレーターの熟練無くしてはできない仕事ですね。

ケーソンまた、海洋土木ならではの苦労などもお聞きすることができました。

以前から、海洋工事はイメージアップや創意工夫・社会貢献に悩んでいるという話を聞いていましたが、実際に体感させていただいたので、今後は「アイデア提供」もできると感じました。

工事の話に戻りますが、「復旧工事」とはいえ、以前の防波堤と同じものを作っているわけではありません。

続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年04月07日

釜石港口防波堤1

以前、ギネス世界記録に認定された世界最大の防波堤の話を書いたことがあります。
(コチラhttp://nikumaru.livedoor.biz/archives/51894451.html

1200億円という税金を投じ造られましたが、完成した直後に巨大津波を受け、破壊されてしまいました。

しかし、浸水を6分遅らせ、沿岸部の津波高を4m〜7m低減させました。

結果論になりますが、この防波堤が無ければ、港の燃料タンクが破壊され、町は火の海になり、被害は数段大きくなったかもしれません。

私は、与えられた使命を全うした、この破壊された防波堤がとても愛おしく感じていました。

さて、その防波堤を復旧しているのですが、現場事務所に「私のイラスト」が目立つように貼ってあります。

ということで・・・。

続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント