安全管理

2019年05月13日

交差点事故

園児二人が死亡した滋賀県大津市の交通事故ですが、他人事とは思えません。

もう30年前の話になりますが、早朝6時頃に現場へクルマで向かっていました。
(当時は社用車もなく自家用車を使用していました)

交差点に差し掛かった時、対向していた車が突然右折し、私のクルマの右後部に接触、私のクルマはコントロールを失い、歩道の信号柱に激突しました。

クルマは「全損」でしたが、なぜか私は「無傷」でした。

早朝は建設関係の車両が多いのですが、事故の相手は「同業者」で、右折すべき交差点を過ぎてしまいそうになり、周囲の確認をせず「慌ててハンドルを切った」そうです。

交差点事故そのためウィンカーもつけていなかったのですが、私も交差点に進入する場合は安全な速度で進行する義務があります。

その後いろいろありましたが、同業者でしたし、私もケガが無かったので「大人の対応」という決着となりました。
(クルマは自費で新車に買い替えました)

もし交差点に歩行者がいたならばと考えると恐ろしいです・・。

クルマを運転するということは常に危険が潜んでいます。

いつ自分が加害者になってもおかしくないと肝に銘じ、常に安全運転に気を付けていきましょう。


solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)clip!

2019年04月22日

是正策が複雑

当ブログの読者さんから「初メール」をいただきました。

昨年末に現場で事故が発生し「ずーっと落ち込んでいる」そうで、メールするかも何度か悩んだとのことです。

しかし、先週UPした「ハードとソフトのバランス」という記事を読み、自分の「事故後の是正策」を見直したいと思いきってメールをくれたそうです。

正直なところ、半年近くも落ち込んでいるようですから「是正対策や改善案」の良い部分を見つけて自信を取り戻してもらおうと思いました(汗)

しかし、添付されていた「是正対策」を読むと複雑な作業手順が多く、指示・確認が多いモノでした。

確かに「これ」では自分自身も「疑問」を持つでしょうね・・。

安全を最優先するのは当然のことですが、現状の業務内でこれだけ多くの指示事項を行うということは非効率的であるとともに指示ミス判断ミスを起こす確率が高まるでしょう。

さらに「複雑な作業手順」は、理解しにくいですし、作業もやりにくいものです。

私が「作業する立場」としたならば注意力が減るか、ルールを守らないかのどちらかになりますね(笑)

ヒューマンエラーが原因で発生した事故の解決策が「ヒューマンエラーを増加させる」モノになっているのは本末転倒です。


solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)clip!

2019年04月15日

ハードとソフトのバランス

数年前になりますが、クライアントさんの現場近くで「ある建設会社」労災事故を起こしました。

他山の石とせず、自分たちにもフィードバックさせようと「安全対策の工夫」を考えるため事故を起こした現場「是正事項」などの情報を集めてもらいました。

報告してもらった「是正事項」を見たところ「ハード面の対策」は悪くは無いが不便なことが増えるようでした。

一方で「ソフト面の対策」はあまり力を入れておらず、多分「押し付けられる従業員は納得できないだろうな」と感じたことを記憶しています。

さて先日、クライアントさんの現場を訪問したところ、隣の現場「当時、事故を発生させた会社」でした。

当時のことを思い出し、是正対策が継続されているか「確認」してみると・・。

案の定「撤去」されていました(汗)

撤去して「新たな改善案」を実施しているのなら良いのですが、それも無さそうです・・。

ハード対策はお金を掛けて用意するだけですから「楽な対策」と言えるでしょう。

しかし作業手間や効率が落ちることも有り、人に関わる「ソフト対策」があってこそ有効に機能させることができると思います。

あの会社は「同じような事故」を発生させないと良いのですけれどねぇ・・。
(隣のクライアントさんの現場が迷惑しますから‥おいっ!)


solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)clip!

2019年02月12日

寒気の怪我防止

天気予報で「真冬並みの寒気が・・」などと聞くのですが、真冬ですから当然ですよね。

と言いつつ、3連休は観測史上最強レベルの強い寒気に襲われ、本日も北日本では注意が必要なようです。

私が住む札幌も「寒い」ですが、お手伝いさせていただいている建設会社さんの中には「さらに北」の会社もあり、先日は「-25℃」を記録していました。

特に寒風にさらされる河川工事(樋門改築)の現場もあり、その「体感温度」は計り知れません。
(心配しているので連絡くださいね)

当然ながら防寒対策ガッチリと行っていると思います。

防寒対策に慣れていると良いですが、今週は西日本「寒気」が入りやすくなるとのことです。

寒さを感じるとそれを温めようとして、無意識に身体をすくめてしまいます。

これは、筋肉を温めて収縮しやすくするためらしいのですが、筋肉が固くなるため体の動きが鈍くなりがちです。

さらに防寒着などを着込んでいるため、動きの鈍さが増し怪我をしやすくなるかもしれません。

作業前の準備体操はもちろんのこと、休憩などを挟み「ストレッチ」をすると良いですよ。

一番大切なことは、脂肪の多い食事炭水化物摂取カロリーと血糖値を確保することです。
(私もそれだけはしっかりと確保しています・・おいっ!)



solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)clip!

2019年01月28日

パスワード管理

私はクライアントさんなどとのやり取りなどをクラウドサービスを利用してデータの共有をしています。

そして、セキュリティを考慮して有料のクラウドを使用していただくことをお願いしています。

ただクライアントさん以外とも大きなデータをやり取りすることも多く「宅ふぁいる便」などのファイル転送サービスを使用することが多いですね。

その「宅ふぁいる便」ですがメールアドレスとログインパスワードなどが外部に漏洩したそうです。

そのため同一のユーザーID(メールアドレス)、ログインパスワードを用いた他のウェブサービスのログインパスワードの変更が必要となりました。

さて、私の問題は「宅ふぁいる便」ログインパスワードを覚えていないということです(おいっ!)

ちなみに過去にはAdobeやDropboxもパスワード流失事故がありましたが、その時はキチンと「管理」していました。

ただ「宅ふぁいる便」は気楽に使用していたため自動ログイン機能に任せておりました・・。

「Have I Been Pwned」(https://haveibeenpwned.com/)というサイトでパスワード漏えいの有無もチェックできますが、私は「Oh no — pwned!」(流失している) となっております。

皆様もパスワード管理にはお気をつけてくださいね。



solisoli at 09:03|PermalinkComments(0)clip!

2019年01月16日

朝礼は元気とやる気

最近は「イラスト」も少なくなりましたが「朝礼に使える話」も少なくなりましたね・・と言われてしまいました(汗)

そうでした・・。

私が7時30分頃にブログを更新のは「朝礼に間に合うように」という理由です。

朝礼は「段取りや手順の確認」などの情報共有、「危険予知活動」などの安全教育、そして元気やヤル気に繋がる「マインド」が必要と思っています。

この「マインド」が無ければ、日々ルーティンを繰り返すだけの、ツマラナイ朝礼になってしまうと思うのです。

ツマラナイ朝礼が続くと身が入らなくなり「連絡や段取り違い」「不安全」が発生しやすくなりますからね。

そこでマインドセットに繋がる話もブログに書いていこうとしていたのでした。

ちなみに、元気やヤル気に繋がる「朝礼」と言えば、会社の目標などを唱和する会社もあります。

それはそれで良いと思いますが、中には「唱和する儀式」となっているところもありますね。

目標を達成するために「何をするか」を考えていない社員さんばかりだったりします。
(おっと、話がズレちゃいました・・汗)

時間を無駄にしないように、会社であれば経営者さん、現場であれば所長さんが「元気な挨拶」「笑える話」からスタートできると良いですよね。


solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)clip!

2018年12月19日

爆発事故

私の地元である札幌で「爆発事故」がありましたが、以前、私が仕事をした現場近くでした。

また、友人の実家が被害を受けているなど、身近な場所での事故に驚くとともに、被害にあわれた方にお見舞い申し上げます。

昨日は発生元とみられる不動産会社の社長会見が開かれましたが、巷では賃貸物件における消臭・抗菌代金のカラクなども問題になってきているようです。

企業としての社会的責任だけではなく、ウワサや暴露話なども出てくる時代です。

建設会社も他山の石としなければならないでしょう。

火災に関しては「溶接・溶断作業による火花の飛散」は多くの建設会社が対処されていると思いますが、工事現場や資材置き場への「放火」も多いようです。

建築工事では防火管理者による消防計画が義務化されていたりしますが、土木工事においては「火元責任者」が資材置き場などの整理整頓や点検を実施し「放火されない現場づくり」を心がけるべきです。

また「爆発」に関しては、ガスなどの埋設物事故からスプレー塗料の保管まで幅広くあります。

特に「スプレー缶の取り扱い」については、今回の事故を受けて保管や処理について「再確認」すると良いと思います。

さて、千葉県の建設会社さんが近隣で発生した火災に際し「重機」を使って消火活動をしたという話も聞いています。

防火はもちろんですか、いざというとき地域も含めた「消火活動」が行えるような体制づくりも良いと思いますよ。


solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)clip!

2018年12月17日

問題なしは大問題

店社などの安全パトロールにおいて「チェックリスト」での指摘があった場合、処理や是正を行うと思います。

チェックリストに書かれていることは「行っていて当たり前」の決まりですから、本来「指摘」があること自体「おかしい」ことかもしれませんね。

さらにチェックリストだけに頼りすぎているパトロールでは「問題なし」などと書かれていることもあるのですが、私は「問題なしは大問題」と言わせてもらっています。

では「安全パトロール員」は何をどのように指摘すべきか・・ということもセミナーなどでお話ししているので「ここ」では触れませんが、現場担当者さんはどうでしょうか。

この1年振り返ってみて「特に不安全は無かったなぁ〜」と感じている人は「気をつける」べきと思います。

何事もなく順調なときこそ「気が緩みやすい」わけで、自己の大きな要因である「大丈夫だ」という「思い込み」をしやすいわけです。

現場管理では「不安全に繋がる要素」を見つけることは大事な仕事です。

不安全要素を見つけられなかったのは「何も無かった」のではなく気の緩みなのかもしれません。

現場は常に変化しているわけですから、常に「物の見方」も変化させていかなければならないと思いますよ。


solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)clip!

2018年12月03日

酒気帯び

酒気帯び状態で車を運転し、ひき逃げをした元アイドルに厳しい判決が出ましたね。

また飛行機のパイロットの飲酒も問題となっています。

前日の夜に飲酒し「一晩寝たから大丈夫」と言っても、睡眠時間とアルコールが分解される時間は違います。

翌朝の朝礼で「アルコールチェック」をしたとしても簡易的なアルコールチェッカーが正確とは限りません。

また、もし呼気中のアルコール濃度が高かった場合、現場までの移動が「酒気帯び運転」の可能性もあるわけです。

「飲んだら乗るな」は当たり前ですが「飲んだら翌日も乗るな」ということになるかもしれません。

ちなみに私は普段は一切お酒を飲みませんが、お酒の「お付き合い」はします。

家内が「酔った姿を見たことが無い」というくらいお酒は「強い」のですが、それでも生ビールを中ジョッキで4杯飲むとアルコールを処理するまで「5時間」かかります。

私は体重や体質が「規格外」らしいので(笑)、普通の人は9時間くらい要するとのことでした。

12月は忘年会で飲酒の機会が増えると思いますが、会社や現場で酒の上手な飲み方、付き合い方を教育し、個人も翌日のスケジュールに合わせた「適量」としましょうね。
(朝7時に自宅を出る場合、生中4杯なら21時には飲酒を止めるなど)


solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)clip!

2018年10月29日

安全関係書類の差

工事書類のデータなどはクラウドを利用して共有してもらっているのですが、たまに現場訪問に合わせて「書類」チェックすることもあります。

とは言え、進行中の現場で「紙媒体」の書類は「安全関係書類」くらいなのですけれどね。
(施工計画書などは事前に共有しています)

安全書類もTBM、KY、OSHMS、リスクアセスメントなど現場によって様々な管理がされていますが、中身を見ると単に形式的に作成されているものも多いです。

「決まりだから仕方ない」
という「ヤラサレ感」を感じる安全書類が多いのです。

特に「同じ工程」が何日も連続する場合は「ワンパターン」となってしまい、まるで書類に「無駄な書類づくりはやってられねぇ〜」と書いているようにも見えます(笑)

目的が「事故を未然に防ぐため」ではなく「事故が発生した時の責任所在のため」のようになっているのかもしれませんね。

例えば、同じ工程が続くから「不安全」になりやすいですし、同じ工程でも現地生産の土木工事は日々環境が変わります。

実際に仕事の内容や手順が同じと言う現場でも、私が2、3個質問させていただくと10も20「危険予知」に繋がる内容が出てきます。

記録のためではなく「未然に防ぐ」ために安全書類を作成してほしいですし、意味のない書類を作成している時間こそ「無駄な時間」ですからね。

solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)clip!
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント