創意工夫・社会貢献

2015年09月07日

撮りドボ企画 船から撮る石狩川

当ブログでも「告知」いたしましたが、「撮りドボ企画 船から撮る石狩川生振捷水路と札幌大橋」を5日(土)に実施いたしました。

ちなみに「撮りドボ」とは、ダムや橋などの土木構造物の写真を好んで撮影する人の総称です。
(私達が勝手に作った造語ですが・・笑)

今回は、流域面積全国2位の石狩川を船で移動し、普段なら見ることのできないアングルから「橋」などの構造物の写真を撮影してもらおうという企画です。

北海道開発局のバックアップと現在札幌大橋を施工している田中組櫻井千田JV、(株)さくら佐藤建設、そして (株)オリンパスのご協力をいただき行いました。

弁天丸からということで、前日の天候がウソのように晴れ渡ったなか、北海道開発局の調査船「弁天丸」に乗り込み、石狩から江別に向かいます。

工事中の「札幌大橋」では、工事関係者が橋の上から手を振ってくれていました。

手を振る工事関係者クレーン船で作業していますが、「クレーンの先」は橋のギリギリで、水位変化や波を考慮した精度の高い作業をされていました。

続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年06月04日

フジレンジャーにみる戦略的広報

創業80周年を迎えるのだが、何か記念になる良いモノは無いかな

いろいろと私の面倒を見てくださる社長さんからの相談に「アイデアを考えておきますね」と言ったきりでした・・(おいっ!)

で、その会社の創業80周年記念作品がコチラ。
https://www.youtube.com/watch?v=B2LXg7wRKVw

素晴らしいですねぇ〜。
(私はここまでのアイデアは無かったなぁ・・汗)

不二建設まさかアスファルトフィニッシャーが・・・(笑)

これはショートバージョンということで、全曲はiTunes等からダウンロードできるそうです。

また「LINEスタンプ」も作成しているそうですよ。


続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2015年05月27日

あしか

熊谷千葉市長のツィートが話題になっているみたいです。

「障害者」
とは「社会の障害」でも「身体に障害を持つ者」でも無く、「社会との関わりの中で障害に直面している者」という意味であり、私たちはその障害を一つひとつ解消していくことが求められている。

様々な考えがあるでしょうが、私は
「障がい者」という表現ではなく「障害者」と表現すべきと思います。
(気を使いすぎることこそ問題かと思います)


熊谷市長の言葉を借りると、例えば、発達障害など「働くことへの障害」も、私たちが一つひとつ解消していく必要があると思います。

そこで、働くために必要な能力を身につける訓練の一環として、また、社会の一員として「働くことの喜び」を感じてもらえると良いと思いたらしい、ょう者支援の、タチ」の頭文字で「あしか」というブランドを作り、建設業で使うモノを製作していただいています。

建設業にとっても、自らが使用するモノが「社会貢献」に繋がると喜ばしいですよね。

ということで、「あしかブランド」の製作現場となっている就労移行支援事業所を訪問しました。

続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年05月25日

国際ドローン展

イロイロと話題のドローン(UAV)ですが、既に映像メディアだけではなく、防災や輸送など幅広い分野で活用されようとしています。

しかし、使用方法によってはテロや盗撮などリスクもあり、それらについて「前向き」に情報提供し議論を広げる場ということも含め「第1回国際ドローン展」が幕張メッセで開催されました。

建設業でもドローンの活用が期待されるため、私も見に行ってきました。

ドローンを「おもちゃ」の延長上に思っている人もいるかもしれませんが、会場には様々な「業務用ドローン」が展示され、新しい市場としてだけではなく、既に「社会革新」となっていることを感じます。

drone2 (2)土木分野では、トプコンコマツのスマートコンストラクションに代表されるドローンを使った高精度測量はもちろんのこと、高速道路橋梁点検用機の障害物対応の位置情報システムや長時間飛行を可能にする給電システムに注目しました。

ドローン関連など国内外50社が参加した中、一番注目は・・・。

続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年02月27日

思わず目を引く工事現場の看板

ソーシャルメディアに「口コミ」として拡散させトラフィックを得るサイトを「バイラルメディア」と言いますが、個人的には「ちょっぴりウザい」と思うときもありますね(汗)

と言いつつ、「ころバズ」というバイラルメディアの記事をブログで「シェア」します(笑)

【これなら、見る】チラ見どころか二度見!思わず目を引く工事現場の看板7枚

まずは通行人に見てもらって、工事現場であることを認識してもらう!そして、注意してもらう!

今までの「概念」とは違う様子が目に入ると、やっぱり二度見しちゃいますね(笑)

・・・・というタイトルで、一般の方が注目した7枚の工事看板が紹介されていました。

最近の工事現場は「イメージアップ」に努め、工事看板など「注目される工夫」をしていますから、それを一般の方がどのような視点で見ているか気になるところです。

1枚目・・。

ダメよおおおっ!

なんと、私の描いたイラストが・・・(汗)

ぜひともパブリシティー権に配慮した使用をお願いしますね。

そして、2枚目は・・。

続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年12月04日

プロジェクション・マッピングもどき

クリスマスも近くなり、巷には「イルミネーション」が溢れていますよね。

建設現場でもイメージアップのため、仮囲いなどに「イルミネーション」で飾り付けしているところも見かけます。

私もイルミネーションはキライじゃないです。
(というか、むしろ大好き・・・笑)

ただ、建設現場であれば「エコ」も考え、自然エネルギーを利用した「イルミネーション」などでイメージアップしてほしいと思います。

ちなみに自然エネルギーを利用する「ソーラー蓄電システム」にはクジライト・雷蔵シリーズをお使いください(宣伝・・笑)

イルミネーション実は、恥ずかしながら我が家も「イルミネーション」で飾り付けをしております。
(写真クリックで拡大します)

もちろん、我が家も太陽光発電を利用していますよ。
(ただ・・クジライトシリーズでは無い・・汗)

今年は「プロジェクター」も導入してみました。

プロジェクタ背景がタイル貼りなので、ちょっと「見えにくい」と思いますが、ウチのペット2匹を使っていて、当然「自作」です。


自作できるということは、現場に合わせ「現場完成図」「イメージアップ写真」などを投射することが可能なわけです。

さて、屋外用プロジェクターを合わせた「総製作費」ですが・・・。

続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年11月25日

助け合い

22日夜、長野県北部を震源とする最大震度6弱の強い地震があり、長野県白馬村などに大きな被害を与えました。

すぐに白馬村に住む友人から「大丈夫」という連絡をもらい、安心して眠りについたのですが、翌朝のニュースや、寝ずに復旧作業に取り掛かっていた友人からの写真などで被害の大きさを知りました。

そのような大きな被害の中、亡くなった方がいないのが幸いです。

その理由として、住民の助け合い活動などがあげられています。

近所づきあいや、日頃の「防災意識の高さ」が効果を上げたのだと思います。

このあたりの詳細(裏話など)については、また白馬村に行く機会があれば調べてみたいですね。

まだ、余震など安心はできませんが、被害に合われた方々にお見舞い申し上げます。

続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年09月22日

豊平区・南区のインフラの歴史を学ぶ見学会

ただの工事現場見学ではなく、道路を走りながら道路のウンチクなどを楽しく伝え、道路の大切さや暮らしとのかかわりを、歴史を交えて知っていただくということをコンセプトに、札幌市豊平区と南区の道路を巡る「豊平区・南区のインフラの歴史を学ぶ見学会」を先週の20日(土)に開催いたしました。

参加された皆さんに「とても満足」していただいたみたいです!
(バスの運転手さんからも言葉をいただきました・・笑)

平岸から中山峠までという通常なら1時間足らずで走ってしまう道ですが、いろいろと掘り起こしながら往復で6時間かけて巡りました。

その間、道路ウンチクから歴史、観光、B級グルメなど喋りつくしましたね(笑)

普段「当たり前」のようにある道路ですが、参加された方は「道路の大切さ」や地域や生活との密着度を知っていただけたと思います。

また「道路工事に対する理解」もしていただけたと感じています。

しかし「心残り」があります・・・・。

続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2014年09月09日

頑張る建設業を応援する女子

建設業が大好きと言う女の子達に「頑張る建設業を応援」してもらう看板などを企画していたのですが、これが「かなり評判」で全国各地の建設現場から問い合わせが殺到中です!
(写真は一例です、クリックで拡大します)

看板など対外的に柔らかいイメージになりますし、なぜか現場の士気向上にもなっているそうです(笑)

標識や看板類だけではなく、トークナビなどを使用した「声」の提供やデジタルサイネージでの広報活動なども行っていて、これも「評価が高い」ですよ。

そのモデルの一人、田中彩貴ちゃんが建設団体が実施する海岸清掃ボランティアに参加するとのことで「影のプロデューサー」である私も参加してきました。

田中さきちゃん朝7時開始というなか、113名の方が集まってくださいました。

参加者の多くは建設会社の方ですが、彩貴ちゃんファンもちろんのこと、小学生やカップルでの参加もあり、建設関係者と一緒に活動したことでイメージアップにも繋がったと思います。

また、清掃終了後は彩貴ちゃんの「くじ引き」で景品がもらえるゲームを行いましたが、一番最初に国交省の方が当選して会場も盛り上がり、受発注者のコミュニケーションも行えたと思います。

続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年09月04日

ハイスピードマイクロスコープ

最近は「攻めの品質管理」をクライアントさんに求めている私です。

ただの結果としての「管理」ではなく、結果を受け止めて「より良い品質」にするために何を行うかを考えていただいています。

さて、ある道路区画線施工会社では、塗装の品質管理を向上させるため「マネジメント方法」などを試行錯誤しているのですが、バラツキの原因「見える化」して社内共有したいと考えていました。

たまたま、3Dプリンタや自動制御機器や計測情報機器などを製造する株式会社キーエンスさんがハイスピードカメラ(高速度カメラ)とマイクロスコープを融合した「ハイスピードマイクロスコープ」のデモンストレーションを行うということで、「見える化」に活用させてもらったそうです。

ハイスピードマイクロスコープ最大で1秒間に23万コマが撮影できるとのことで、その時点で私の興味は「品質向上」より「画像精度」に移っています(爆)

「見えない世界」が見えることは、品質向上の「考察」に繋がりますから「良いヒント」をたくさんいただけましたね。

土木分野では「破壊試験」などで使えるのはもちろんの事、イロイロと活用アイデアが出てきそうです。

さらに、私が注目したのは・・・

続きを読む

solisoli at 07:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント