ざれごと

2020年07月10日

かわいがってくれた先輩

子供やペットを「かわいがる」こともありますし、ある業界では躾や心身鍛錬のためのシゴキ「かわいがり」とも言います。

私も若いころは先輩達に「かわいがられた」ものです。
(どっちの意味の?ww)

いい加減「良い年齢」となっている私ですが、今でも先輩には頭が上がりません。

そのような先輩(かわいがり度3番目w)から、突然「相談したいことがあるから来いと言われました。

当然、すぐに飛んで行きます(汗)

既に会社は退職され、建設業以外(少し関連はあるが)の業界で会社を経営されている先輩ですが、何でも今後の事業展開について、その意図やビジョンの他、行動計画などのご自身の考えを聞いてほしいとのこと。

そこまで成算があるなら、わざわざ私を呼びださなくても・・・
と言うことは先輩には当然言えません(笑)

会社を経営するなかでの「決断・判断」を誰かに確認してほしいとの思いがあるわけで、それに「私」選んでくれたことは嬉しいわけです。

その後は昔話となり「お前も■■や▼▼によくかわいがられていたけれど、よく頑張ったよな」と言われました。

あなたはその次にかわいがってくれましたよね
・・とは先輩には言えません(笑)


solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)clip!

2020年07月09日

みんながやりたいことに

私は「クライアントさんの成功」を目的に仕事をさせてもらっていますが、時には「私のやりたいこと」を果たすためにクライアントさんを利用させてもらうこともあります。

その「やりたいこと」の一つに、ある若者の将来に関することがあります。

まず、今年の春に彼の能力を一番活用できるであろうクライアントさんに入社させました。

と言っても、彼にもクライアントさんにも「彼を将来独立させる」程度の話をしておらず、入社後に私から直接「その後のこと」を伝えるつもりでした。

しかし、コロナウイルスの関係で4月の訪問が出来ず、自粛が明けた先日になってやっと伝えることができました。

そんな思惑があったのかと驚いてはくれましたが、どちらにも「プラス」しかありません。

私の「やりたいこと」「みんながやりたいこと」になってくれました!

まずはマイルストーンとして3年後を視野に入れた「第一段階の目標」を定めています。

でも最終的には10年以上かかる計画でして、私がその時に生きているかもわからないです(汗)

でも、若い二人がきっと叶えてくれるでしょう。

まだ何も動いていないため、詳細をブログで書けないのですが、もう少し進展したら紹介しますね。


solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)clip!

2020年07月03日

乗っているふたり

私の周囲の人たちの中でも、今年「ノリに乗っている」2名がタイミングよく札幌に揃ったため「情報交換」を行いました。
(まぁ、飲み会を開いただけ・・笑)

苦労や苦悩があった中で、縁を大切にしてチャンスとしてきた二人ですが、タイミングが合ったということも「何か」良いことがある「兆し」です。

何より、お互いに「肉丸さんと出会ってから運気が良くなった」と言ってくれるのが嬉しいです(笑)

そう言われると調子に乗ってしまうのが私です(爆)

二人とも目標としている”成功”に向かっている過程ではありますが「欲深い私」「次なる目標」も二人に作りたいと考えていました。

すると、ちょうどお互いが持っている「技術や縁」が、お互いの不足点にピッタリとハマることを発見しました!

ビックチャンス到来です(爆)

ポンポンと話が進み、お酒が入っているため「さらに大きな話」になっていきます。

なぜか東京での商談に私が顔を出すことになってしまいました。
(交通宿泊費は自腹でリターンも無いのですよ)

でも商談先は「誰?、中間搾取業者?」と思われるかもしれませんので「福の神」とでも紹介してもらいましょうか(爆)

何に増しても「今日札幌に来てよかった」と言ってもらえたのが良かったです。
(そして、飲み代は私のオゴリです・・爆)


solisoli at 07:30|PermalinkComments(2)clip!

2020年07月02日

消極的と積極的

以前「ブログネタ」を募集した際に「新入社員が消極的で困っている」というメールをいただいておりました。

それも新入社員さん自らが「私は自発的・能動的に動くことが苦手です」と宣言しているそうです。

そのように宣言できること自体が「メチャメチャ積極的だ」という内容でした(笑)

一方で「オレの許可なく勝手に下請会社を決めた」と嘆く社長さんもいました。

積極的すぎて「暴走」するのも会社としては困りものです。

どちらも少し極端な例ではあるのですが、私はこの2つに「共通の問題」があるように感じます。
(あくまでも「仮定」ですが)

上手に表現できないのですが、組織としての団結力とか求心力と言うのかな。

お互いに認め合える環境で「消極的」と自ら言える、というよりは「自由に意見が言えて、意見が衝突しても、繋がっている」と言う感じかな。

共通の目的があるということでもなく、中心となる人の魅力とか存在感があり、「この人のために行動や報告しなければ」と言う感じかな。

上手に表現できなくてモヤモヤしていますが、わかりますかね?


solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)clip!

2020年06月30日

その後の弟子9号

以前、私の弟子2名が独立し起業したが、うち1名は「守りの姿勢」なのが気になったという記事を書いたことがあります。
http://nikumaru.livedoor.biz/archives/52223822.html

ただ、私は「言い方がキツイ」ため、広島にいる私の友人達のところに行き、勉強を兼ねて「話」を聞くように勧めました。

広島の友人には何も情報を伝えていなかったのですが、私と目的を共有している友人たちです。

私とはアプローチが違う優しい言い方「気づき」を与えてくれると思ったのです。

その後、実際に広島に行き、私が想像していたような「話」を聞いてきたようです(笑)

少し遅れましたが、それらの「報告」「今後」について話をしてくれました。

伝えたことをよく理解して、仕事にも人生にも「張合い」を感じてくれているようです。

見識を広げたことにより「新たなアイデア」も出てきたようでイキイキしています。

広島の友人たちに感謝ですね。

簡単には弟子を褒めない私ですが、とりあえず「スタート台」に立ったことは褒めてあげましょう(おいっ!)
(一緒に研鑽した「弟子2号」も褒めておこう・・笑)

ちなみに彼は「現場コンサルティング」「工事評価向上」「イメージアップ支援」などを行うそうで、私の「商売敵」となるみたいです。(チッ!・・潰してやる‥笑)


solisoli at 07:30|PermalinkComments(2)clip!

2020年06月29日

給料から天引くぞ

現場で機材などのモノを壊すことは多いと思います。

叱られたり責任を取らされることを嫌がり「隠す」人もいるのですが、一番の罪は「壊した」ことではなく「隠す」ことですよね。

すぐに修理したり代替えをして対応できたものを次に使おうとした人が「壊れて」いたために仕事が出来なくなることが会社にとって一番の損失なのです。

会社の利益のために働いている中で発生した「損害」については「労働者の責任」はあまり問われないので、正直に申告しましょう。

さて、読者さんから「お悩みメール」をいただきました。

作業員さんの不注意で機械を壊してしまい、会社に報告したそうです。

その後、事務員さん電話があり社長が給料から修理代を天引け!と言っていますがよろしいでしょうか?」確認の電話があったそうです。

よく冗談で「給料から引くぞ」と言うことはありますが、冗談ではない雰囲気だそうです。

当たり前のことですが、勝手に給料から天引くのは違法です。

そのため「確認」があったのでしょうが、これを「了承」したとしても「自由な意思」ではありませんから違法となるでしょうね。

さらに、勤務している中で発生したミスや損害は故意・過失関係無しに「全額負担」はありえません。

つまり「給料から天引く」という言葉が出る時点でブラックなわけです。

悩むくらいなら「見切り」をつけて転職しましょう。
(ホワイトを目指している建設会社を紹介しますよ)


solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)clip!

2020年06月26日

伝説のKさん

建設業は「肉体労働」のイメージがありますが、今は0.008m3というミニショベルもあり、スコップすら使わないで済む時代となりましたね。

私が仕事を始めたころは、雨水桝設置くらいなら「手堀りのみ」で1人で1日に2か所設置する猛者がたくさんいました(笑)

特に作業員のKさんは「人間ユンボ」の異名を持ち、70歳近くでしたがパワーも有り、動きに無駄も無かったです。

引退されてからも、現場での仕事ぶりは「伝説」として語られました。
(少しずつ、誇張されていきましたが・・笑)

さて、長男が我が家の近所に家を買いましたが外構工事までの予算は無いとのことで私が庭づくり「お手伝い」をすることになりました。

当然、すべて「人力作業」でして、まずスコップで土均し・・・。

が・・1m2にも満たない前にヘトヘト

こんなに体力なかったかしら・・・。

とりあえず「労働1:休憩9」の割合で、自分で決めた1日のノルマは達成しましたが、本当に疲れやすくなりました・・。
(翌日は腰にダメージで動けず・・)

つい、Kさんの「伝説の数々」を思い出し、自分のふがいなさを感じました(笑)


solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)clip!

2020年06月25日

変化に対応

環境の変化に対し、いかに「柔軟に対応」できるか・・と言う話をすることが多いです。

例えば、総合評価の導入やICT活用など仕事環境が大きく変化をしてきましたが、そのたびに「どのように乗り越えようか」前向きに楽しみながら受け入れるほうが上手くいくと思っています。

今現在も「新型コロナウイルス」という大きな環境変化を前向きに乗り越えていきたいです。

直近の変化と言えば「レジ袋の有料化」も変化になりますね。

さて、現場訪問し、近くのコンビニで買い物をして帰路につきました。

途中、ホームセンターに寄ったところ「財布が無い」ことに気づきました(汗)

記憶をたどると、コンビニでエコバックを用意したときに、財布をレジカウンターに一度置きました。

お釣りは感染予防のため手渡しで無いため、今度は袋をレジカウンターに置いて、お釣りを受け取り財布に入れて、エコバックを持ってコンビニを出ました・・。

って、財布はレジカウンターに置いたままじゃん!

財布は無事に戻りましたが、エコバックを用意したり、お釣りの受け取りなど、今までのルーチンからの「変化」に私が対応できていなかったわけです。

財布が無事だったことを「前向き」に今後の反省に活かします


solisoli at 07:30|PermalinkComments(4)clip!

2020年06月24日

予算が無い

設計図書に誤謬があることは多々ありますが、受注者は契約書に基づき通知し、発注者が設計図書の訂正変更を行い、協議して「設計変更」が行われます。

ある現場で起工測量したところ設計図書の「横断図が左右反対」に書かれているという初歩的ミスから始まり、現地要件との相違がありすぎるなど問題が山積みでした。

このままでは施工できませんので、測量成果とともに、今後の対処案などを提案したそうです。

しかし、発注者の監督員さんは最初から「お金が無い」と言って受付けないとのこと。
(こんな図面を書いた人や設計した会社にはキチンと払っているだろうに・・)

設計図書に完全はありませんので、請負者に「設計図書の照査」が義務付けられています。

その中で、解釈の違いや責任範囲などを明確にしているわけですが、最初から「お金が無い」と言われると「意味がない」ですよね。

さらに諸事情で工期も制約があるのですが、工程短縮のため仮設物の提案をしても「そういうのは考えてない」否定されているようです。

設計ミスへの対処を含めて「予算が無い」と言われることは正直多々あります。

しかし、詳細は書けませんが「この現場」は設計内容から発注者対応までヒドイ方だと思います。

現場担当者さんは問題案件の交渉すら「やりがい」前向きにとらえているようなので良いですが、聞いている私がイラついてしまいます(笑)


solisoli at 07:30|PermalinkComments(2)clip!

2020年06月23日

オンラインセミナー

自粛期間中はクライアントさんなどの社内セミナーオンラインで行う準備をしていました。

しかし、各社がCPDSユニット数の調整に苦慮されるかもしれないと想定し、まず臨場でのセミナーを優先しようと保留しています。

正直言うと、聴講者の様子をみてアドリブなどを付け加えたり、を作るため、オンラインで一方通行の話をするのはイヤということもありますね。

さて、自粛期間も明けたためクライアントさんにて「社内セミナー」を行いました。(話をする私はフェイスガードで防備)

いつもは社内全員が集まりやすいよう4月や5月に予定しているのですが、今年は6月中旬となってしまい現場に出ている人もいます。

そこで、オンラインでの同時配信を行いました。
(なぜか画面が反転したまま・・笑)

オンライン参加は数名で、ほとんどの社員さんが目の前で聞いてくれますから私も調子は変わりません(笑)

それどころか普段聞く機会の無い事務職の方々もアクセスして聞いてくれました。

ちなみに両方とも参加できなかった人がいるのですが、映像データを社内共有クラウドに保管して、いつでも見直すことができるようにするそうです。

というか、何時間もの話を聞きなおすかなぁ〜・・笑


solisoli at 07:30|PermalinkComments(0)clip!
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント