道路工事中につきご協力を

北海道 札幌 土木 建設 道路工事 工事中 無料 イラスト ダウンロード 安全 創意工夫 総合評価 イメージアップ 自己研さん 

カテゴリ: ざれごと

私は独立してから「多くの人」「ご縁」が繋がり、とても「幸せ」を感じています。

私が起業した直後に「おめでとうございます」とメールで連絡をくれた社長さんがいます。

メールの文面から厳しそうな男性と思っていたのですが、お会いすると細身で目が大きい小顔の美人女性社長さんで、私の前で緊張してミスしてしまうようなチャーミングな女性でした。

それからは、仕事で何度もお世話になり、訪問するたびに女学生時代から通っている喫茶店や馴染みのスナックなどいろいろなところへ連れて行っていただきました。

ただ、ある願掛けのために大好きなお酒を断っているとのことで、私の前でお酒を飲むことはありませんでした。

また、地域のために「お年寄りが集まれるスペースづくり」をしたり、東日本大震災の時は釜石の私の友人を通じて支援物資を提供するなど、誰かの役に立つことを常に考えて行動されていて、地域の建設会社から信頼が厚い人でした。

体調が思わしくないと聞き3年前にお会いしに行った時も「変身するため1時間ください」と言って、バッチリとメイクして元気な姿を見せてくれました。

それからコロナウイルスの影響もあり、行けずじまいでしたが「嫌な予感」がして、近くの建設会社にいる友人に聞くと、お亡くなりになったと聞きました。

御恩も返せず、北海道に遊びに来てもらうこともできなかったことを悔やみますが、弱気になると「また叱られて」しまいますよね。

ありがとうございました、夢の中で一緒にお酒を飲みましょう!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

全国各地の建設現場を訪問させてもらっていますが、現場入場にヘルメットは必須です。

そのため、訪問先でヘルメットをお借りするのですが、ヘルメットは良いとして、海や河川工事の現場では用意していただいた「ライフジャケットが着られない」とか、高所作業現場で「安全帯が閉まらない」ということもあります(おいっ!)

また、長靴が必要な現場もあり、誰かの履いた長靴は水虫がうつりそうで嫌ですよね・・。

そこで、訪問先の中には年に1・2度しか訪問しないのに私専用のヘルメットや長靴を用意してくれている会社もあります。

先日訪問した会社はヘルメットデザインを新調したとのことで、私のヘルメットも「新しいデザイン」になっていました。

叔父貴私の名前も印字されているのですが、なぜかヘルメットの内側に「叔父貴」と書かれてあります。

なんでも、会社の社長(親分)「兄弟分」という扱いらしいですよ(笑)

まぁ「風格」だけはあると思いますが・・(おいっ)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

歳をとると若い人を応援したくなるもので、クライアントさんの「若手技術者」が大好きです。

特に、仕事ができる・できないというよりは「頑張っている人」を可愛がっていますね。

T君も「仕事ができる」というよりは「頑張っている」というタイプで、会社訪問した際は必ず声をかけて「イジって」いました(笑)

将来は「意外性のあるホームランバッター」として会社に貢献してくれる人材になってくれる期待していたのですが、会社を辞めてしまったそうです。

仕事が合わないとか人間関係や会社や待遇に不満があったという理由ではなく「本人の問題」それもかなり「プライベート」なことなので、仕方ないですね。

先輩や同僚たちもショックを受けていたようですが、今は切り替えて「前向き」に捉えているようです。

そして、T君には会社を辞めることが「自分を変えるチャンス」と考えてほしいです。

自分のことを「正しく知る」ことが、人生の再スタートで成功するコツだと思います。

ぜひ、会社の仲間たちのためにも「幸せな人生」をつかんでくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

すっかり忘れておりましたが、当ブログは一昨日で「15周年」を迎えていました。
(お祝いのメールをいただき、気づきました・・汗)

毎度のことですが「よく続いているなぁ〜」と自分でも感心しております(笑)

一応「匿名のブログ」ということで「肉丸」というキャラクターを作り「偉そうな話」「自慢話」ばかり書いていますが、現実世界のホントの私は「無口で奥ゆかしい人間」です(おいっ!)

でもブログを長いこと続けてきたため、リアルな私もこちらのキャラクターに寄ってきたようです(笑)

その真偽はともかく、それだけ「長い時間」をこのブログと共に過ごしたきたということですよ。

ネタ集めも大変ですが、そのために「アンテナ」を張っていると「新たな学び」を得ることもできます。

私が何か困ったり、調べたい情報があるときに「力」になってくれる人もたくさんできました。

私が勝手に「弟子」と呼んでいる「信念を継いでくれる人」もたくさん現れて、その人たちの一部になれていることも嬉しいことです。

まだまだたくさんの縁をつないで行けるブログにしていきたいですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

税理士さんから「コンサルティング報酬が安すぎなので改善すべきでは?」と提案されました(汗)

建設業界の友人たちにも「同じこと」を言われたことがあるのですが、クライアントさんの中には「何かあった時にお願いするので、繋がっているだけで良い」と言われるところもあり「低額」にしています。
(当ブログは仕事の公式ブログではないので金額は非公開ww)

ちなみに定額制(サブスク)でして、仕事依頼の多少に関係なく「同額」だったりします。

クライアントさんには報酬以上のリターンを提供できると思っていますが、0円の価値とするか、1億円の価値とするかはクライアントさん次第です。
(実行するのは私ではなく現場の人達ですから・・)

さて、経営で「攻めの投資」「守りの経費削減」であれば、私は「攻め」を選択します。

投資した分を「いかに回収するか」を考えて行動することで、企業は成長していくと思います。

それが「低額の投資」「大きなリターン」を得られるならば「さらに良い」わけで、私も「楽しい仕事」になります。

逆に「低額の投資」でも無駄と思う建設会社は今後の成長の見込みもないと思うので、私も楽しくありません。

私がクライアントさんを選択する「目安」となる金額設定でもあるため、税理士さんの指導でも変えませんよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

メールマガジンの配信が遅れており、申し訳ございません。
(あきらめて別の方法で配信することにしました)

同報配信ソフトを使用して配信していたのですが、普段使用していないメール用サーバーを経由しています。

私が仕事で使用しているのは「会社のドメイン名」が入ったメールアドレスなのですが、かなりの多くの人が「メールマガジン用のアドレス」へメールを送っていたようです。

その中には「仕事の依頼」「現場相談」などのメールが多くありました。

送信した相手からすると、私は返信などのリアクションをしない失礼なヤツと思われたことかもしれません・・。

それを考えると「落ち込み」ますね・・。

いただいたメールに対しては「必ず返信する」のが私のポリシーです。

もしも、1日待っても私からの「返信が無い場合」は、電話などでご連絡ください。
(ブログ読者さんは右バナーの「肉丸へメール」をご利用ください)

よろしくお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

クライアントの現場事務所で働いている菅田将暉似のN君は、本人も意識しているようで、丸縁眼鏡をかけるなどして「寄せて」います(笑)

実は建設会社の社員ではなく、私が友人のIT会社に頼んで、手伝いに来てもらっている出向社員で、仕事は3次元データ解析や現場で使用するソフトウェア開発をしてもらっています。

学歴を含めて、学んできた経歴も素晴らしく、かなり優秀な人材です。

でもいつの間にか「現場に出る」ようになり、現場管理までできるようになっていました。

素直で気が利き、現場を見てもレスポンスが早いです。

優秀な人材は何をさせても秀でるものがあり、そのまま建設会社に転職させたいくらいです。
(でも、友人に叱られるので誘いませんけれどね・・多分・・笑)

将来は間違いなくBIM/CIM分野を牽引する人材と思いますので、今からゴマすりしておきますね(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「これから流行する」と言われたときにInstagramをダウンロードしましたが、全く活用していない私です。

ちなみにTikTokはやっていません。

さて、友人(建設業ではない)が集客のためにインスタに広告を出しているが、あまり効果が無いと言っていました。

そこで、自分が全く活用していないのを棚に上げ、インスタを使った集客のアイデアと活用方法を話したことがあります(おいっ!)

ちなみにマニュアル本などにある方法ではありませんよ。

先日、友人から「コロナ禍の中でも売上げが上がった」と感謝のメールをもらい「俺を誰だと思っているのだ、当たり前だろ」と返信しましたが、私自身が驚いています(こらっ!)

「じゃあ、次は情報量が多いTikTokを使って・・」と、今度は私が使ったことが無いものの「活用アイデア」を提案する始末です(笑)
(こちらは特別なアイデアではないですが・・)

まぁ、友人のことですからうまくやるでしょう。
(こんな適当なヤツが友達でスマナイねぇ・・笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人間が行う仕事には「ミス」はつきもので、私も数多くの「失敗」を経験しています。

きっと、その中には「気づかないまま」埋もれてしまったミスもあるかもしれないですね。

さて、ある道路工事現場の起点は、その工事を請け負う建設会社の部長さんが若いころに担当して作った橋梁でした。

懐かしさもあり、現場パトロールのついでに橋梁を見て歩いたところ、当時は気づかなかった「ミス」を発見してしまいました!

私が聞いたところ、部長さんのミスではなく、当時の作業員さんが「忘れてしまった」という感じで、私なら「気にしない」程度のミスです。

しかし、部長さんは「技術者としてのプライド」が許せず、すぐさま維持管理している発注官庁に「補修したい」と連絡したそうです。

でも、20年以上も前の瑕疵は無いですし、強度も含めて影響が無いため却下されたそうです。

部長さんとしては、それ以上「話を大きく」すると現在の工事にも影響が出てしまうと引き下がったそうですが、何とか「手直し」がしたいとチャンスをうかがっているようです。

何年たっても「良いものを残したい」という技術者としてのプライドは大切ですよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

変異株が全国に拡大し、私が住む札幌も新規感染者が過去最多を更新し、既に蔓延してる状況です。

人口比から考えると、札幌は全国でも「一番最悪」な状態のような気もしますが、街行く人にあまり危機感は感じないですね。

蔓延防止にしても感染拡大が収まらない中で、飲食店だけを悪者にするのもいかがなものかと思います。

さて、BMI30以上で高血圧睡眠時無呼吸症候群で通院している私は紛れもない「基礎疾患持ち」でして、万が一感染した場合は「重症化」しやすいと思っています。

そのため感染症対策にはかなり気を使っていて、例えば外出先で「ドアノブ」など不特定多数の人が触ったモノは触らないですし、引き戸などどうしても触わらなければならないときは「Gミスト」で手を消毒しています。
(携帯するならアルコール類より「Gミスト」が安全です)

だいたい自宅での仕事が主で通勤などの「外出」は少ないとは思いますが、不要不急「仕事」での外出はあります。

この不要不急の判断範囲は「個人の考え次第」で、私が思っている「不要不急のライン」他の人と同じとは限らないわけで、そのあたりを明確にする必要があるかもしれないですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ