暑い日が3日連続で続き、体調を崩した新入社員さんが、本当にこの仕事を続けられるか悩んでいました。

たまたま、私が訪問する日の朝に進退について「上司に相談」していたそうで、縁やタイミングを重視する私は見過ごすことができませんよね。

そのまま1日一緒に行動し、移動車中などで「他愛ない話」をしながら、仕事や人生の話などもしてみました。

別に「説得」するつもりはなく、その子が幸せになる方法を一緒に考えられると良いと思います。

実は自己紹介してもらったときに「性格」が伝わり、その子の悩みも感じることができましたし、会社や仕事が嫌ということでもなさそうです。(決して、暑い日が続いたからだけではないわけで・・)

誰にでも得意不得意があり「できることできないこと」もあるわけで、できないことを無理に「できるようにする」ことよりは、得意なことを伸ばして、不得意なことは「みんなで補う」ことができると良いと考え、そのような組織づくりができるようにお手伝いしています。

しかし、会社事情によっては一時的に「不得意なこと」をしなければならないときもありますし、新入社員のうちは「適正」も定まらないわけで、適材適所にはもう少し時間が必要になるでしょう。

どちらにしても縁やタイミングが大事ということは理解してもらえたと感じますね。