年齢の節目というのがありますが20歳代から30歳になる頃は、人生の進み方や仕事への取り組み方などにそれぞれ違いが出てくるころと思います。

私も「これで良いのか」と理由もなく焦りや不安を感じた時だったと思います。

さて、次男の同級生達が弔問に訪れてくれるのですが、同級生ですから皆さんが「30歳」です。

いろいろな職業についているのですが、訪れてくれた人20歳代とは違うシッカリとした意識を持っていました。

パニック障害になり一時休職している人、なんと建設会社の技術職も一人いたのですが、一様に「仕事が楽しい」と答えてくれました。

私が30歳になったころは、周囲と比較して「不安や焦り」を感じ、それを打ち消すために「頑張る」ことをしていた気がしますが、彼らの話を聞くとやみくもに頑張るのではなく「自分の時間軸」を作りながら、積み重ねて成長している感じがしました。

周りに流されず、自分のペースで、自分が幸せと感じられることを行っていけると良いのです。

本当にみんなが頼もしくて、嬉しい気持ちになりました。