4月から役職が変わり、社内で「貧乏くじ」と揶揄される部署に異動となったFさんのプレッシャーは半端ありません。

とにかく忙しい部署で責任や期待値も大きいのですが、人間関係が面倒らしく、また前任者と比較されるため、目に見える成果をすぐに出さなくてはならないようです。

無責任にアドバイスするならば「会社の利益と成長のチャンス」など言って「頑張ろう」と励ますのでしょうが、プレッシャーを共感できるため簡単に済ますわけにはいきません。

昇進したことで、立場的にフォローしてくれる人が少なくなり、弱みも見せ難いようです。

こういう時こそ「親身になりすぎる」社外からのアドバイスが必要ですよね(笑)

そこで「どのような成果」とするか一緒に考えることにしました。

問題点を整理して、やるべき内容と期日を設定するという「工程表」を組むイメージで考えてみると「漠然とした不安」が消えていきます。

すると「成果」が見えた感じになり、スッキリ「安心」もできたようです。

これで、プレッシャーを乗り越えて前任者よりも「すごい成果」を上げてくれることでしょう。
(え・・逆にプレッシャーを与えた?・・笑)