建設業は、命がかかる危険な仕事でもあり、仕事中に「小声で優しく話す」ことはなかなか難しいですよね。

さて、出張先のホテルに「隣のビルが工事のため騒音が発生します」と掲示されていました。

確かに隣のビル工事の足場が部屋の窓近くにありますが、カーテンは閉めたままですし、作業は日中でしょうから気にならないでしょう。

ところが早朝7時から、何やら外が騒がしいです・・。

作業をしている「音」ではなく、作業員さんの「怒鳴り声」が聞こえ、ケンカでもしているような感じがします。

よく聞くと「●●を持っていけ!」「早くやれ!」などの仕事の指示のようですが、尋常じゃない激しい口調です。

どうやら、前日に仕事にミスがあり、今日の作業工程に影響させないように早朝から手直しをしているようで、責任者の方がイラついて大声を出しているみたいです。

でも、事情を知らない人は「建設業の奴等は朝からケンカしてガラが悪い」などと思われるかもしれませんよね。
(少なくともホテルの宿泊客はそう感じたでしょう)