ウソをつく人や自信のない人は相手の目を見て話すことができないなどと言いますが、こう見えても私は「人見知り」でして、口説きたい女性以外は、相手と「目を合わしながらの会話」ができないですね(笑)

さて、私は初対面の若い人達に必ず「得意なこと・好きなこと」を聞くようにしています。

得意なことを仕事に活かしたいと思うわけですが、その受け答えからアピール力やプレゼン、アクシデントへの対応力など様々なことも見ています(イヤラシイやつ・・)

クライアントの建設会社に入社したSさんは、コミュニケーション力は抜群で「得意なこと・好きなこと」を聞いても、小道具を用意してその場で説明するなどなかなかやります(笑)

私が話をしていても純粋で澄んだ「まっすぐな目」で見てきて、心が汚れ切っている私には「かなり痛い」ですし、目をそらしてしまいそうになります(汗)

つい、負けてはいけないと、新入生への最終奥義「腕を組んで怖そうなオーラを出す不機嫌な私」を繰り出しましたが、臆することなく対応されてしまいました。
(最終奥義、破れる!!・・笑)

あまりにも「純粋でまっすぐ」なので逆に心配にもなりますが、次回の訪問時には負けないようにサングラスを持っていこうかと思います(おいっ)