自画自賛してしまいますが、私は写真を見ただけで現場担当者のこだわりや配慮、考え方などが分かってしまいます(笑)

昨日のブログでも、私が写真を見て「線形が素晴らしい」と評価した現場は、やはり「線形にこだわり」を持って仕事していたと書きましたね。

もちろん、何も考えずに撮影した写真からは何も感じませんが、ほとんどの人が何かの「こだわり」を持って工事写真を撮影していると思います。

普段から「良いこと」を見つけて評価したいと思っていることや利益や評価などのリアルなしがらみが無い客観的な立場だから、小さな配慮やこだわりを見つけることができるのかもしれません。

ただ、撮影した当人にとっては「配慮はこだわり」は普段から行っている「普通のこと」なので気がつかないことが多く、私から指摘されて改めて気づくようです。

でも潜在的に気づいているため「写真整理」するときは「こだわりの写真」を選択するわけです。

ただ、最近は分業化やアウトソーシングする中で、その「こだわり」に気づかずに写真が仕分けされてしまうこともあるようです。

同じような写真でも「こだわり」がある写真と無い写真があるわけで、それが結局「工事評価」などに影響を与えてしまうかもしれませんね。