先日、クライアントさんを訪問し、2つの現場を見せてもらいました。

まず、以前に現場写真をウェブ上で見せてもらい「線形が素晴らしい」と評価したことがある現場を訪問しました。

既に3月末に竣工したのですが、担当者に「施工でのこだわり」を聞いたところ、やはり「線形」についてのこだわっていたようです。

そして、その「こだわりの魅せ方」秀逸でした。

写真1枚撮るのもストーリーを考えているため、配慮などの情報が1枚の写真に詰まっているのです。

2つ目の現場は、デジタル技術を使った「魅せる化」に取組んでいるのですが、デジタル技術を使うだけなら、興味やお金があればできると思います。

しかし、この現場の「魅せ方」はそのレベルを超えています。

多分、この魅せ方以上のことを行っている現場は国内には無いと思います。

上手に伝えられないので、近いうちに「勉強会」でこの2現場をクライアントの皆さんに感じてもらえるようにしますね。