クライアントさんには、総合評価における「技術提案」添削などの支援「サービス」で行っています。

受注していただかないことには「工事評価点」を上げることはできませんからね(笑)

でも「サービス」とは言え、受注確率が高いと喜んでいただき「技術提案の添削依頼だけ」をお願いされるクライアントさんもいます。

さて、社内セミナーに行ったついでに昨年度の「技術提案」を評価してほしいとお願いされました。

評価が出た後ですから「後出しジャンケン」のような「ダメ出し」になってしまいますが「今年度の参考」にはなるでしょう。

いつもは案件ごとに添削しているわけですが、1年分をドッサリと見比べると提案書を作成している人の、作成時の心境や葛藤が伝わって「おもしろい」です(笑)

私の添削結果も納得していただいたようですし、攻略方法や新たな提案のヒントも掴んでくれたようです。

そして、これからは提出前の添削を約束してもらいました。