恋愛話ではありませんが、自分の気持ちを相手に伝えることは難しいことですよね。

ボキャブラリーが少なかったり、あるい自分自身が自分の気持ちを理解していないこともあるかもしれません。

また、相手が理解してくれているだろうと思い込んでしまい、認識のズレが発生して上手にコミュニケーションが確立できなくなることもあります。

さて、新たに社内に発足したICT推進チームのリーダーM君は、チームメンバーに「認識のズレ」を与えてしまったのですが、本人は気づいていないようでした。

一丸となって取り組むためには、メンバー全員が納得できるように説明する必要があります。

そこで、メンバーを前にしてM君に「問答」のように「質問」を繰り返してみました。

私は質問を繰り返すだけですが、M君の「答え」が徐々に「論理的に変化」していきます。

M君自身の「本意」引き出されてきたのだと思います。

途中で混乱する場面もあったのですが、最終的にメンバー全員が納得できる説明となりました。
(M君は催眠術にかけられたように釈然としない感じでしたが・・笑)