会社に対して「不満」がある人は多いと思いますが、ある30代の社員はとにかく不満が多いです。

上司への不満はもちろんのこと、会社組織や人材育成、残業の多さなど聞くとキリがありません。

では、それらを改善するために「自ら何か行動するか」と聞くと「面倒だ、億劫だ、意味がない」などと言い、何もヤル気がありません。

それを自分一人で消化するなら良いのですが、不満やグチを後輩達にも発言するため、後輩達も会社に対して不安を持つようになってきたそうです。

仕事はできないわけでは無く「与えられたこと」は卒なくこなすのですが、ある程度以上になると「仕事を断る」そうで、昇進などしても仕事が増えるだけと言って「現状維持」を望むそうです。

この話を聞いて、多分「仕事を楽しむ方法」知らない人だと思いました。

クライアントさんに「楽しい仕事」をおススメしている私は、社内講習のテーマは違っても、必ず「新たな変化」を促す内容としたり、連絡や相談に対して必ず「提案や課題」を提示しています。
(宿題などとも言います)

仕事が「楽しい」ということは、常に変化の先にいて、いくつになっても成長を実感できることと思うからです。

何もヤル気が無く、現状維持を望むのは「仕事の楽しさ」を感じないわけで、何のために働いているのか分からなくなっていきますよ。