高速道路の建設や管理などの最新技術を展示する「ハイウェイテクノフェア」を見に行きました。

入口の最初にあるブースは、いつもお世話になっている「西尾レントオール」さん。

テクノフェア1大日本印刷さんが10月5日にプレスリリースした「高視認性パターンライト」が早々に展示されていました。

機器に「ユニトライク」の名前を入れてくれているのが素晴らしいですね(笑)

また、屋外には道路工事での追突事故被害を軽減するTMA「スコーピオン2」も展示されていました。(写真はクリックで拡大)

以前はアメリカタイプの2連大型サイズでしたが、シングルタイプに改良されています。
(何でも展示会直前に完成したらしい)

この2つを使用している私が撮影した動画もありますので、見てくださいね。

出口にブースを構えていたのは「星和電機」さん。

テクノフェア2私のために本社のある京都からお土産まで持ってきてくれていました(汗)

まるでアイアンマンのアーク・リアクターのようなトンネル工事などに使用できるアテンドライトが目を引きましたね。

まだまだ「面白そうな製品」お世話になっている方々にお会いできたのですが、入口と出口のブースだけのご紹介となってしまった(汗)