仕事もプライベートも充実させたい私は、お手伝いする会社数を限定しているのですが、新たに契約したクライアントさんは「話題性のある会社」です。

取材なども受けているので、アンテナを敏感に張っている人には知られている会社かもしれません。

でも「話題になっている」ことに有頂天となり、そのまま何もしなければ「旬」を過ぎたときには、何も残らないでしょう。

工事成績向上に合わせて、今の勢いのあるうち「何をするか」という「次の戦略」が私に課せられた仕事となるかな。

既に私の頭の中に「構想」はできていて、経営者さんに伝えたところ、想定以上の提案だったらしく「タイミングもピッタリ」だったようです。

すぐに社内体制を整え直し、社員に「会社が変わること」を周知してくれたようで、経営者さんに「ワクワク感」を提供できたと思っています。

でも、一番ワクワクしているのは「私」かもしれません(笑)