ライバルを辞書で調べると「同等もしくはそれ以上の実力を持つ競争相手」と書かれていました。

私は競争という「勝ち負け」よりは、常にモチベーションを維持するために刺激し合うことができる相手「ライバル」だと思っています。

また私は「技術研鑽」という言葉も良く使うのですが、良い意味で技術者同士が「お互いの意見をぶつけ合う」ことで技術向上していくと考えています。
(だからクライアントさんに対しても、忌憚ない意見をぶつけますし、同じように返して欲しいと思っています)

さて、大手建設会社を辞めて地方の建設会社(クライアントさん)に再就職したところ、偶然「中学校の同級生」が勤めていたそうです。

高校も大学も別でしたが、新たな会社に不安を感じていていたら「安心」できますね。

ただ、お互いに「中途採用」でして「比較される」かもしれないという心配もあるかもしれません。

でもそれよりは、お互いが「ともに向上できる」仲間として、支えあい、励ましあえることができるのは素晴らしいことなのです。

ぜひ二人で会社を盛り上げてくださいね。