先週は防災週間に合わせた「防災訓練」を実施した会社が多かったようで、私のところにも「実施報告」などが届いております。

以前の防災訓練は、情報の集約や共有が行きわたるか確認したり、指示や役割の確認などを行っていた会社が多かったです。

でも、今年の訓練を見ると、どの会社も「設定がリアル」になっていました。

各社の立地や得意な現場によって、地震や台風・豪雨、土砂災害など細かな「設定」で、例えば豪雨に対する訓練であれば発生時間が「夜の設定」であったりしました。

昼間に地震が発生した想定での訓練も良いのですが、その場合の対処はある程度「想定」できます。

訓練で出来ないことは、本番で実践できないわけで、より厳しい条件で訓練するから、いざというときに最善を尽くせるわけです。

・・と昨年、私が指摘したそうで、だから皆さんがリアルな設定にしたとの報告があったようです。
(言った本人が忘れておりました・・こらっ!)

災害は忘れたころにやってくるわけで、一番気を付けなければならないのは「私自身」ですねぇ(汗)