なるべく「サボりたい」と思っていた私は、自分が担当する新しい現場が決まると「ネガティブな気持ち」になったものです(笑)

そのような「ダメな心理」を理解できていますから、今はクライアントさんに「どのようにポジティブな気持ちにするか」を実行してもらえるようにしています。

さて、新たな仕事を受注し、3ヶ月ぶりに現場を担当するという代理人さんから「報告のメール」をいただきました。

何年か継続して発注されているプロジェクトで、この会社では過去に2回ほど受注しています。

ただ、各年毎に担当者は別のため、前回と「同じ仕事をしている」と思われるより、今年は「さらにすごく良い仕事ができる会社になっている」と思わせたいと士気も上がっているようです。

さらに「1年先」を見越した「モチベーションの上がること」もあるようで、メールからワクワク感があふれていました。

昨日から「施工計画書の作成」を始めたそうですが、この時点で「良い成果」が出ると確信できますね。

お付き合いを始めた数年前と比較して、本当にポジティブな会社に生まれ変わったと思いますよ。