お付き合いいただいている会社は「元気よく調子よい会社」ばかりではありません・・。

いろいろと問題を抱えている会社もあります。

自分たちで解決しなければならないこともあり、私ができることは「励ます」ことで少しでもマインドを上げるくらいです。

さて、ある問題を抱えているクライアントさんで社内セミナーを実施しました。

すると参加者から「研修内容が現状と重なり参考になった」「ウチの会社の内情を知っているのではないか?」などの感想をいただきました。

はい、実は会社の担当者さんから内情を聞いていて、セミナー内容の本質は「客観的に見た私が思う対策」だったのです。

かなり「深い意味」を含ませていたのですが「自分たちのことかもしれない」と気付いてくれるくらい、しっかりと聞いていてくれて嬉しいですね。

バレてしまったのであれば、次回はもっとストレートに伝えていきたいと思います(笑)