目の病気で定期的な通院していたところ、初期段階の「加齢黄斑変性」が見つかり、放置すると視力が低下し、失明にもつながるとのことですぐに治療しました。

モノが歪んで見えたり、見たい部分が黒くなって見えるなどの症状が出るそうですが、その症状が出る前に発見できたのは良かったです。

高血圧や偏った食事なども原因のようですが(汗)、太陽の下で働いていたり、パソコンでの長時間作業も原因となるようですから、皆様もお気を付けくださいね。

さて、その治療ではベルテポルフィンという光に反応する薬を使用するのですが、しばらくは体内に残るため「日光の下」に出ることができません。

あまり気にしていなかったのですが、意外と面倒で、昼間からカーテンを閉め切り、暗い部屋で過ごしています。

どうしても外出しなければならない仕事があるのですが、サングラスやフルフェイスのマスクなどの完全防備で移動します。
(怪しいと職質されるかな・・笑)