東京オリンピック・パラリンピックが開催されますが、反対意見など様々な考えもあると思います。

森さんの発言や小山田圭吾などオリンピック・パラリンピック組織委員会の対応も取りざたされています。

この時点で告白いたしますが、ちょっとだけオリンピック・パラリンピックに関わっていて、組織委員会の会議にも出席したことがあります。
(一度だけ末席で・・)

ちょうど1年延期して体制を整えている最中でしたが、委員会の方々も成功のために前向きに仕事をされていて好感を持てました。

ただ、国や自治体、メディアなどからの出向者が多く、統率力が乏しいため、組織内調整などに「手間」がかかるようにも感じました。

また、取りまとめをしている広告代理店の担当者やワールドワイドオリンピックパートナーの企業担当者の方々とも仕事をする機会がありました。

いろいろと味方になっていただいたのですが、半端ないくらい優秀な方々でとても安心できましたね。

IOCや上層部の事は知りませんが、最前線で働いている方々は誰もが成功を目指して努力されています。

その成功とは偉い人たちが言う「復興」とか「レガシー」とか「コロナ克服の証」ではなく、頑張っているアスリート達が最高のパフォーマンスを発揮できるようにすることだと感じました。

考えや思いは様々と思いますが、それを見る私たちも純粋に勇気をもらい感動を感じたいですね。