なかなか機会がなく、2年ぶりに会ったF君は「かなり逞しく」なっていました。

冷静な分析力も身に着けていて「2年間でこんなに変わるの」と思うほど精悍になっています。

今まではベテランの監理技術者さんと一緒に現場代理人を務めていましたが、今度、監理技術者兼任で1人で現場を取り仕切ることになるそうです。

周りが認めての「独り立ち」なのですが、本人は少なからずプレッシャーを感じていて、いくつか心配事を聞きました。

その心配事の全てが「責任感の表れ」でして、新入社員のころの「やらされて行う」という意識からの脱却を感じましたね。

会社の環境や待遇も少しずつ良くなり、平均年齢もぐっと若くなってきました。

私が目指す建設会社の理想に近くなってきた中で、次世代の「柱」となっていくF君の今後に「とても期待」していますよ。