私は「悪いことは続かないが、良いことは続く」と考えています。

良いか悪いかは「個人の認識の違い」と考えているので「良いことが続く」と思うほど「良いことが増えていく」わけです。(意味わかりますか?・・笑)

すると「認識」という感覚のモノだけではなく「結果」という数値や形のある「良いこと」も続くようになります。

さて、一昨日の朝一番に届いたメールは「工事成績優秀企業」の認定を受けたという報告でした。

この会社の第一目標をクリアできたのは、実感できる「良いこと」ですよね。

すると続けざまに私がプレッシャーをかけまくった現場からも奇跡的な大逆転での「最優秀賞受賞」の連絡が届きました。

受賞の瞬間を映像で送ってくれたのですが「歓喜の声」が良いことの実感を感じます。

そして、別業界の大手企業さんと2社のクライアントさんの提携交渉に出席した私は「戦略通り」の交渉で大きな利益をクライアントさんに与えられそうです。

1日でクライアント4社の良いことが続き、調子良過ぎです(ちょっと怖いなぁ・・汗)