ある建設会社が受注した工事は、諸般の事情と制約「週休二日の確保」はおろか、まともに休日が取れるかもわからないとのことでした。

これは施工者側の問題では無く、設計などの問題となるのですが、それでも「週休二日対象工事」と謳われていたりします(汗)

その議論を社内でしているうちに「ワークライフバランスって何だろう」という話になり、ちょっと「私に聞いてみよう」となったそうです。

もちろん「仕事と生活の調和」というレベルの話ではなく、仕事で得る「やりがいや充実感」とか、生活における「幸せや豊かさ」は何なのだという哲学的な話を聞きたいそうです。

何でも私は、夜中にメールしても、早朝にメールしても即座に返信する印象があるそうで、仕事のために私生活を犠牲にしているワーカーホリックと思われているようです(笑)

確かに、私は「24時間365日」何を見聞きしても「仕事のネタ」と考えているわけで、すべてが労働時間かもしれません。(ブログも仕事のためです・・笑)

でも、仕事量は増やさない主義でして、仕事と家庭も両立できていると思います。
(実際の労働時間はサラリーマン時代の4分の1くらいです・・笑)

何より「楽しいこと」をして「自分の幸せ」のために行動していることが、たまたま「仕事」という名前になっているだけで、全てが「ライフ」だったりします。

という内容を書いて、私にとってワークライフバランスとは「答えられない難しい質問です」と回答したところ「よく理解できました」とのことでした(あきれられた?・・汗)