私は独立してから「多くの人」「ご縁」が繋がり、とても「幸せ」を感じています。

私が起業した直後に「おめでとうございます」とメールで連絡をくれた社長さんがいます。

メールの文面から厳しそうな男性と思っていたのですが、お会いすると細身で目が大きい小顔の美人女性社長さんで、私の前で緊張してミスしてしまうようなチャーミングな女性でした。

それからは、仕事で何度もお世話になり、訪問するたびに女学生時代から通っている喫茶店や馴染みのスナックなどいろいろなところへ連れて行っていただきました。

ただ、ある願掛けのために大好きなお酒を断っているとのことで、私の前でお酒を飲むことはありませんでした。

また、地域のために「お年寄りが集まれるスペースづくり」をしたり、東日本大震災の時は釜石の私の友人を通じて支援物資を提供するなど、誰かの役に立つことを常に考えて行動されていて、地域の建設会社から信頼が厚い人でした。

体調が思わしくないと聞き3年前にお会いしに行った時も「変身するため1時間ください」と言って、バッチリとメイクして元気な姿を見せてくれました。

それからコロナウイルスの影響もあり、行けずじまいでしたが「嫌な予感」がして、近くの建設会社にいる友人に聞くと、お亡くなりになったと聞きました。

御恩も返せず、北海道に遊びに来てもらうこともできなかったことを悔やみますが、弱気になると「また叱られて」しまいますよね。

ありがとうございました、夢の中で一緒にお酒を飲みましょう!