私がまだ現場代理人をしていたころ(20年以上前)、現場事務所のカギが壊され「泥棒」に入られたことがあります。

しかし、金品は盗まれず(置いてもいないが)盗まれたものが「施工計画書」のファイルだけということがありました。

もしかすると「同業者」「どのようなことが書かれているか」興味があって見てみたかったのかもしれません。

今のセキュリティ意識で考えると施工計画書には「個人情報」がたくさん書かれていますから、そちらが「問題」だったかもしれませんね。

さて、会社には「漏らしちゃいけない秘密」がいろいろとあると思いますが、建設会社は秘密保持「割と緩い」と感じています。

例えば、一般企業ではSNSに「■■に出張中です」などと書くことも「情報漏洩」に繋がるため禁止しているところもあります。

でも、建設業ではSNSに「ウチの所長は〇〇して、△△だ」などと個人名まで書かないまでも「社内情報」平気で漏らしてしまう人もいます。

まぁ、建設会社が秘密にするようなことは「悪いこと」しかないですから、公にしても問題ないかもしれませんけれどね(笑)