週休二日、残業抑制など「働き方改革」が進められている中ですが、忙しすぎて休日はおろか1日21時間働いている現場に行ってきました(笑)

現場職員7名体制(5名が20代)夜間工事を行っている現場ですが、昼間に打ち合わせや資料作成などに追われているのです。

私も普段は「効率化」による「残業抑制」を勧めるのですが、この現場に限っては「残業やむなし」と思う仕事内容です。

もちろん、オリジナルのアプリを作成するなどICTをフル活用した「効率化」もされているわけで、単純に「仕事量が多い」のです。

しかし「現場の士気」はとても高く、現場にいる全員が残業を嫌がっている感じではありません。

理由は明確で「楽しい仕事」ができていること「やりがいや成長を感じられている」ことです。

もちろん、残業を奨励しているわけではないですよ。

ただ、長時間労働も苦になっていないというのは、ちょっと「眉唾」に感じられるかもしれませんので、その秘密は「そのうち公開」したいと思います。
(今年のクライアント勉強会で発表してもらいますね・・笑)