ブログとは別に「メールマガジン」も発刊していますが、昨日は3件の購読申込がありました。

知っている方ばかりなのですが、3人とも建設会社で営業担当をされています。

そのため「勘違い」してしまい、AさんにBさんへあてた内容、BさんにはAさんへのメールを送信してしまいました・・。

Aさんの会社は効率化を含めた社内改革に取り組んでおり、私から簡単なアドバイスをさせてもらったことがあります。

その経過を知りたく、メールに「質問」を書いたところ、Bさんから「弊社の取り組み」と報告をいただき、間違えに気づきました(汗)

Bさんも「おかしなメール」と思ったでしょうが、丁寧に報告をしていただき申し訳ないです・・。

この手の勘違い(人違い)が一番恥ずかしいですよね。

以前もExcelで作成された施工計画書を添削して相手へメール送信したら、なぜか添付されていたデータが「私の体重グラフ」だったこともあったなぁ