出張先で時間があれば「いろいろと見聞」し、ネタ集めをしていましたが、今は移動は必要最小限にしています。

しかし、目的地から10kmくらい離れた場所「弟子の一人」が仕事をしていると聞き、つい足を延ばしてしまいました。

ちょうど担当する工事が始まる前の段階で、その現場を「どのように取り組んでいくか」悩んでいるようです。

それは無理してでも顔を出し「説教」しなければならないですね(笑)

以前はチャレンジ精神があふれ、発注者から高い評価を得て、周囲の建設会社から「脅威の存在」となっていました。

今も評価は高いのですが、マンネリ化した保守的な事しかできておらず、モヤモヤしていたそうです。

でも、私の話を聞いているうちに「ポジティブに攻める」ことを思い出し、やりたいことがいろいろと浮かんできたようです。

それを「形にする方法」は彼は熟知していますから、あとは安心ですね。

でも、それだけじゃツマラナイので、ちょっとした「プレッシャー」を与えておきました。
(ドS・・ww)