ことわざの一つに「男は敷居を跨げば七人の敵あり」という言葉があります。

男は一歩外に出ると多くの敵が待ち構えているという意味ですが、今となっては、ジェンダーギャップに問題がある「ことわざ」ですね。

女性も男性も「社会に出ると厳しい」ですし、敷居の内側にも「敵」がいるかもしれません(爆)

7人というのは具体的な数ではなく「多い」という意味らしいですが、私は気に入らない人がいたとしても「敵」と認定するような人は「0人」ですね。

仲間に「敵」がいたならば、一緒に闘いますが、おかげさまで「平和」です。

クライアントさんが企業として戦う相手は、敵というよりは「ライバル」ですし・・・。

と考えると「敵」は全部「自分の中」にいるわけで、自己肯定感や甘え、依存や傲慢など、ほとんどの敵は自分が作り出したものかもしれません。

自分としっかり向き合わなきゃなぁ〜と反省なのです。