新規や契約初期のクライアントさんには、事例などを含めて「私の考え」ノウハウについて「6時間」ほど話をさせてもらうことにしています。

基本的には話を聞いていただかないと「契約しない」という高慢なヤツだったりします(汗)

しかし、ここ1年は「新型コロナウイルス」の影響を受け「6時間も話をする」ことはしていませんでした。

オンラインで「内容を短縮」した話をすることはありましたが、反応を見ながらのアドリブもできませんし、何より私の「気持ち」伝わりにくい気がします。

セミナー先日、やっと1年以上振り「6時間」の社内セミナーをさせていただきました。

Gミストで除菌は当然として、不織布マスクとi-con推進マスク2枚重ねし、距離を空けての話だったため、かなり声量を上げなければいけません。

久々の6時間講話はさすがに疲れました・・・。
(質疑応答やコミュニケーションを入れると7時間かな・・笑)

でも、感動したとか熱い気持ちが伝わった、考え方が変わったなど臨場だから伝わることがあったように感じました。

何より、その日のうちに「お願いしたこと」について「実行」してくれるなど「反応が良かった」のは嬉しかったですね。