コロナウイルス対策も大変ですが、業務のほとんどがパソコンを使用していることを考えるとコンピュータウイルス対策も重要ですよね。

サイバー攻撃は大企業からセキュリティが薄そうな中小企業に移ってきており、建設会社がランサムウエアに感染し、大きな被害となっていることは記憶に新しいです。
(未だに復旧していませんよね)

ちなみに「その被害」は私が関連する業務にも影響していて、意外と間近に潜んでいると感じています。

多くの企業がウイルス対策ソフトウェアなどの「システム」としての感染予防対策をしていると思いますが、個人レベルの「意識」という部分では、まだまだ低いと感じる会社もあります。

特にランサムウェア「人間の不安」に浸け込みますから、セキュリティ意識の低い人ほど「深みにはまる」可能性があります。
(ランサムウェアとは、感染すると「脅迫メッセージ」が表示され、データが暗号化されていきネットワーク上に広がっていくものです)

悪意のあるメールやウェブサイトを開かないようにすると良いわけですが、相手も巧妙になっているようです。

万が一、感染した場合の「対応」についても社内でキチンと周知しておく必要がありますよね。

ちなみにパソコンが苦手「何もしてないのに壊れた」が口癖の家内は、セキュリティソフトの更新メッセージも「何か出た!」と私を呼びつけるので、ある意味「セキュリティが万全」と言えるかな(笑)