地元ですが、札幌のコロナウイルス感染拡大は大変な状況になってきました。

先日になってやっとススキノの営業時間短縮がされましたが、効果が見えるのは「まだまだ先」になると思います。

いえ、それ以上に「行政の対応が遅かった」ため、既にススキノから感染が広がり、今後は職場や学校などで感染が確認されるようになるかもしれません。
(実際にここ数日で増えてきています)

そうなると家庭内感染なども増えると思いますし、乾燥などで喉の抵抗力が落ちているお年寄りなどに広がると大変なことになるかもしれません。

「Gotoキャンペーン」が悪いとは言いませんが「不要不急」ではない外出が増え、同時に「気の緩み」が発生したと感じます。

以前も書きましたが、キチンとした対策を取っていない飲食店が多いと感じていました。

また「寒さ」住宅の密閉性が原因のようにも言われていますが、札幌以外の北海道内は感染が「まだ少ない」ことを考えると「別の理由」があるかもしれません。

つまり、札幌は「全国的になる兆候」なのかもしれません。

「しれません」など仮定での話ばかりになってしまいましたが、確実に言えることは、行政に期待せず、一人一人が「危機感を持って対策する」ことです。