俳優の伊藤健太郎さんの事故と似たような状況なので思い出したのですが、最近「交通事故」に会いそうになりました。

対向車が交差点ではない場所でウインカーもつけずに突然右折してきたのです。

事前に「何となく怪しい動き」をしていたため注意していたのですが、高齢者が運転するクルマで道を間違えたようでした。

また、先日は土砂を満載に積んだ4tダンプが下り坂をスピードを上げたままカーブを曲がり切れず、私が走る対向車線に飛び出してきました。

どちらも「あぶないっ!」と車の中で叫んでしまった私ですが、相手の顔もハッキリ見え、相手も叫んでました(笑)

さて、クルマの安全技術が向上し、道路も整備され大きな交通事故は減っているような気がします。

私自身も年を取ったことで、以前よりも慎重な運転を心がけるようになった気がします。

でも「焦り」とか「うっかり」が運転に出てしまいますし、気分良く走っているときは速度も出ている「かも」しれません。

安全運転は心構えからということを再認識していきたいですね。