私は「匂い」と表現するのですが、現場に行くと何か「違和感」を感じることがあります。

例えば、丁張を見て「違和感」を感じ、通りを覗いて見たが合っている、でも何かがおかしい。

「再チェック」してみるとベンチマークの高さを間違えていた
・・・というヤツです。

それも自分で測量しているときはミスに気づかないのですが、他人の現場では「匂い」を感じるのです。

多分「固定概念」が無く客観的に見れることと「経験値」によるものですが、その経験値も「単純な年数」ではなく「ミスの経験回数」かもしれません。
(私は測量ミスが多かったですからね・・笑)

さて、ある現場で測量を担当していた補助員が測量ミスをしたようで、所長さんから「ダブルチェック」するようにと注意を受けました。

ハイと答えたものの、この現場は所長と二人で行っている現場であり「ダブルチェック」所長の仕事ではないかと不満を感じたそうです。

ダブルチェックとは「複数人が同じ内容を確認すること」ですから、これは所長さんが間違えていますね。

所長さんが言いたかったのは「クロスチェック」だと思いますが、もし経験ある所長さんが客観的視点で「ダブルチェック」してくれたらミスは防げたかもしれません。
(でも揚げ足を取るのもイケませんね)