2020年09月28日

コロナ禍のストレス予防

今週の10月1日から7日まで「全国労働衛生週間」でして、現在はその準備期間としてスローガンの掲示や現場巡視などが行われていることと思います。

特に今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止対策を徹底する必要があるでしょう。

さらに新型コロナウイルスは世の中の不安を煽り、多くの人にストレスを与えています。

昨日も竹内結子さんの訃報がありましたが、芸能人の自殺が相次いでいたり、コロナ禍による不安の高まりが関係しての自殺が増えるとの想定もあります。

職場におけるメンタルヘルスケア「withコロナ」で考えて「見直す」必要があると思います。

プライバシーに配慮した上で、職場の仲間のちょっとした変化などに注意し、声をかけやすい環境を構築したいものです。

例えば、指示や命令を行うだけではなく、相手の気持ちや考えを、相手の立場になって理解し傾聴するというメリハリも大切と思います。

また、「全国労働衛生週間」における現場巡視は、人間関係や現場環境などのストレス要因についてチェックし、改善や是正を行えるようにすると良いと思います。

さらには従業員本人だけではなく、従業員家族にも周知すると「家族による気づき」も見つかるかもしれませんし、家族に不安があった場合における従業員の影響も軽減できるかもしれません。

どちらにしても、あの時に気づいていれば・・という後悔はしたくないですよね。


solisoli at 07:30│感想とツッコミ(0)clip!安全管理 

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント